仕事で使えるクッション言葉の種類

ビジネス

この記事では、クッション言葉の種類を紹介します。そのまま伝えると角が立ってしまうような言葉も、前にクッション言葉を添えればソフトに伝えることができます。

クッション言葉とは

クッション言葉とは、相手になにかを尋ねたり、お願いしたり、断ったり、反論したり、指摘したり、報告したりする場合、本題の前に添える言葉のことを言います。たとえば、いきなり「ここに書いてください」とお願いされるより、「お手数ですが、こちらにご記入をお願いいたします」とお願いされたほうが丁寧で優しい印象を受けますよね。この「お手数ですが」のような言葉がクッション言葉に当たります。文字どおり「クッション」のように、言葉の衝撃をやわらげる働きがあります。

クッション言葉は、直接顔を合わせて会話するときだけではなく、電話やメールで会話するときなどでも活躍します。顔の見えない相手とのコミュニケーションは身振り手振りで気持ちを伝えられない分、言葉にすべてがかかってきます。クッション言葉があると冷たい印象やぶしつけな印象を与えずに済むので、いきなり本題から入りがちな方は特に、意識してクッション言葉を使うようにしましょう。

仕事で使えるおもなクッション言葉

仕事で使えるクッション言葉には、おもに以下のようなものがあります。シーンに合わせて使い分けましょう。

尋ねるとき 恐れ入りますが/よろしければ/差し支えなければ/失礼ですが/ご迷惑でなければ/お伺いしたいことがあるのですが
お願いするとき 大変恐縮ですが/お手数ですが/ご面倒をおかけしますが/お忙しいところ申し訳ございませんが
断るとき 申し訳ございませんが/あいにくですが/残念ですが/せっかくではございますが/ありがたいお話ですが/お気持ちはありがたいのですが
反論するとき お言葉を返すようですが/差し出がましいこととは存じますが/無礼を承知で申し上げますが/失礼かとは存じますが
指摘するとき 余計なこととは存じますが/大変申し上げにくいのですが/僭越ながら/私どもの説明不足だったかもしれませんが
報告するとき 大変申し上げにくいのですが/誠に勝手ながら/あいにくですが/おかげさまで

上記のようなクッション言葉は、電話先の相手に名前を尋ねたいとき、忙しそうな上司に質問したいとき、昇進を断りたいとき、相手の意見に賛同できないとき、相手に改善してほしいことがあるとき、ネガティブな内容の報告があるときなどに使えますよ!

まとめ

いかがでしたか?

クッション言葉は相手とのコミュニケーションをスムーズにする魔法の言葉です。相手を敬う気持ちを示すことができ、言葉の衝撃をやわらげてくれるので、今回紹介したようなクッション言葉を本題の前につけるクセをつけましょう。なにかを断りたいとき、「ありがたいお話ではありますが、今回はご遠慮させていただきます」などとスッと言える社会人はかっこいいです。