「ご査収ください」の意味と使い方

日本語の使い方

この記事では、「ご査収ください」の意味と使い方について説明します。「ご査収ください」というフレーズを正しく使えるようになります。

「ご査収ください」の意味

「ご査収ください」の「ご査収」は、「査収」に接頭辞「ご」を付けて丁寧にしたものです。「査収」には「金品や書類などをよく調べて受け取ること」という意味があるので、「ご査収ください」と相手に査収をお願いする言い方になると、「よく確認した上で受け取ってください」という意味になります。「査」の訓読みが「しらべる」、「収」の訓読みが「おさめる」なので、構成している漢字からも意味をなんとなく推し量ることができます。

「査収」と似た言葉に「査証」がありますが、「査証」は「調べて証明すること」という意味の言葉です。そのため、「ご査証ください」は、証明となる書類などを要求するフレーズとなります。ふつうは「査証免除されました」「旅券の査証をお受けください」といった使い方をし、「ご査証ください」と言うことはほとんどありません。

「ご査収ください」の使い方

「ご査収ください」は相手に渡すものをよく確認して受け取ってほしいときに使う言葉なので、当然ではありますが、相手に渡すものがあることを前提に使います。なにも渡すものがないときは使う必要がない言葉です。

「ご査収ください」と似た言葉に「お納めください」「ご検収ください」などがありますが、「お納めください」はすでに相手が確認済みのものを渡すとき、「ご検収ください」は納品したものが発注どおりか点検して受け取ってほしいときに使う言葉です。微妙に意味が異なるので、状況に応じて使い分けましょう。

こちらが「ご査収ください」と言われた場合は、「確認した結果」と「お礼の言葉」で返事をしましょう。単に「受け取りました」と返事をするのでは不十分です。確認して問題がなかった場合は「◯◯を確認いたしましたが、内容に問題ございませんでした。お忙しいところご対応いただき、誠にありがとうございました」、修正してほしい箇所がある場合は「◯◯をお送りいただき、ありがとうございます。内容を確認いたしましたところ、気になる点がございましたので、以下◯点、修正をお願いいたします。※以下に修正箇所を列記」などと返事をしましょう。

最後に「ご査収ください」を使ったフレーズをいくつか紹介します。

  • ご依頼いただきました見積書を送付いたしますので、よろしくご査収ください。
  • 今回のプロジェクトの企画書を同封いたしますので、ご査収願います。
  • 来週の会議用の資料を添付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願いいたします。

まとめ

  • 「よく確認した上で受け取ってください」という意味のフレーズ
  • 相手に渡すものがあることを前提に使う
  • 納品したものが発注どおりか点検して受け取ってほしい場合は「ご検収ください」を使う
  • すでに相手が確認済みの場合は「お納めください」を使う
  • 「ご査収ください」へは、「確認した結果」と「お礼の言葉」で返事をする

それでは、また!