親等の数え方《図付き》

生活・文化

この記事では、親等の数え方について説明します。図付きなので直感的に理解できます。

親等とは

親等とは、親族間の遠近を表す単位です。もっとも近い関係にある親族が1親等、その次に近い親族が2親等というように、関係が遠くなるにつれて数字が上がっていきます。忌中や喪中に含まれる範囲、扶養義務を負う範囲、法定相続人の範囲を考えるときなどに使われます。

日本の民法では、親族を「6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族」と定めています。血族とは血のつながった人々を指し、姻族とは婚姻によってつながった人々を指します。実の親は血がつながっているので血族となり、実の兄弟姉妹の配偶者や自分の配偶者の実の親などは婚姻によってつながっている関係なので姻族となります。

親等の数え方

親等の数え方を説明した図

自分と相手が何親等の親族かは、自分→自分と相手をつなぐ世代→相手の順に辿っていき、そのとき移動した回数を計算するとわかります。なお、本人と配偶者は同一視します。

たとえば、自分と実の兄弟姉妹が何親等か知りたいときは、本人→父母→兄弟姉妹という順に辿っていき、そのときの移動回数を計算するので、移動回数2回で「2親等」となります。配偶者の兄弟姉妹も、実の兄弟姉妹と同様に「2親等」となります。これは、配偶者=自分とするので、配偶者→父母→兄弟姉妹という順に辿っていくためです。ただし、血縁関係にはないので2親等の「姻族」となります。実の兄弟姉妹は2親等の「血族」です。

では、上の図にはない、「血族の従兄弟姉妹(いとこ)」と自分が何親等の親族になるのか考えてみましょう。従兄弟姉妹は「伯叔父母(おじ・おば)の子」なので、従兄弟姉妹と自分をつなぐ世代は祖父母になります。本人→父母→祖父母→伯叔父母→従兄弟姉妹というルートを辿るので、移動回数4回で「4親等」ということになります。血族の従兄弟姉妹は自分の配偶者にとっても従兄弟姉妹となりますが、血のつながりはないので4親等の「姻族」となり、配偶者にとっては法律上の親族に当てはまりません。最初のほうでも述べましたが、親族に入る姻族は3親等までだからです。

まとめ

  • 親等とは、親族間の遠近を表す単位
  • 日本の民法では、6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族を親族と定めている
  • 親等を数えるときは、自分→自分と相手をつなぐ世代→相手の順に辿っていき、そのとき移動した回数を計算する
  • 本人と配偶者は同一視する

それでは、また!