「お世話になっております」の意味と使い方

日本語の使い方

この記事では、「お世話になっております」の意味と使い方について説明します。「お世話になっております」というフレーズを正しく使えるようになります。

「お世話になっております」の意味

「お世話になっております」は、「世話になっています」を丁寧にした言い方です。「世話」は「親身になって世話する」「就職先を世話する」「世話がかかる」といった使い方をする言葉で、「面倒をみること」「尽力すること」「取り持つこと」といった意味を持ちます。身近な言葉なのであえて別の言葉に言い換えなくてもわかりますね。

先にも述べたとおり、「お世話になっております」は、「世話になっています」を丁寧にした言い方です。しかし、ただ言葉どおり「世話になっています」と言っているわけではありません。言外に、自分の世話をしてくれていることに対して「ありがとうございます」とも言っているのです。つまり、「いつもお世話くださり、ありがとうございます」という意味のフレーズなんですね。

「お世話になっております」の使い方

「お世話になっております」は、基本的に身内に対しては使いません。取引先やお客さんに対して使う言葉なので、社内の上司や同僚に対しては「お疲れ様です」と言いましょう。

「お世話になっております」を使うかどうかで迷うのが、相手が初めて会った人のとき。「初対面なのに『お世話になっております』は変じゃないか?」と思いますよね。こういうときは、相手が「会社間でやりとりのある人か」を考えます。すでに取引のある会社の社員などであれば「お世話になっております」を、これからなんらかのお世話になる人であれば「お世話になります」を使うようにしましょう。

「お世話になっております」と言うシーンで「お世話様です」と言う人もいますが、「お世話様です」は目上の人に対しては使いません。「ご苦労様です」のように相手をねぎらう意味で使うフレーズですし、「お世話になっております」より短い分、フランクな印象を与えます。いつも荷物を届けてくれている配達員さんなどに対して使うことが多く、取引先やお客さんに対しては使いません。

最後に「お世話になっております」を使ったフレーズをいくつか紹介します。

  • いつもお世話になっております。
  • 平素より大変お世話になっております。
  • 先日は大変お世話になり、ありがとうございました。

まとめ

  • 「いつもお世話くださり、ありがとうございます」という意味のフレーズ
  • 基本的に身内に対しては使わない
  • 継続してお世話になっている相手には「お世話になっております」を使い、これからお世話になる相手には「お世話になります」を使う
  • 「お世話様です」は目上の人に対しては使わない

それでは、また!