「恐れ入ります」の意味と使い方

日本語の使い方

この記事では、「恐れ入ります」の意味と使い方について説明します。「恐れ入ります」というフレーズを正しく使えるようになります。

「恐れ入ります」の意味

「恐れ入ります」は、「恐れ入る」の連用形に「ます」を付けて丁寧にしたものです。「恐れ入る」には、「相手の才能や力量に脱帽する」「相手のあまりのひどさにあきれる」「相手の行為をありがたいと思う」「相手に迷惑をかけたり失礼したりして申し訳ないと思う」「非常にこわがる」といった意味があります。

しかし、「恐れ入ります」という言い方になると、「大変ありがとうございます」「大変申し訳ございません」という意味になります。「恐れ入る」より意味が狭まり、相手の行為に対する感謝の気持ちや、相手に面倒をかけることに対して「申し訳ない」という気持ちを示すフレーズになるんですね。「痛み入ります」「恐縮です」などが類義語に当たります。

「恐れ入ります」の使い方

「恐れ入ります」は、目上の人に対して使う言葉です。なにかをお願いするとき、感謝を伝えるとき、褒められたときなどに使います。特に褒められたときは、「そんなことはありません」などと自分を卑下するより、「恐れ入ります」と慎ましく受け取ったほうが印象が良いです。

「恐れ入ります」は話し言葉や書き言葉として使われますが、どちらかと言うと話し言葉寄りなので、硬い文書では「恐れ入ります」ではなく「恐縮です」を使ったほうが良いでしょう。「恐縮です」は「恐れ入ります」をフォーマルにした表現ですから、そういった意味でも「恐縮です」のほうが適しています。

「恐れ入ります」は申し訳ない気持ちを示すフレーズですが、自分の行動に非がある場合は「恐れ入ります」ではなく「申し訳ございません」を使いましょう「恐れ入ります」は自分に落ち度がなく、とりたてて謝る必要のない場面で使うフレーズなので、たとえば「欠席します」と言いたいときは、「恐れ入りますが、当日は都合が悪く参加できそうにありません」ではなく「申し訳ございませんが、当日は都合が悪く参加できそうにありません」と言うのが正解です。

最後に「恐れ入ります」を使ったフレーズをいくつか紹介します。

  • 恐れ入りますが、◯◯様にお取次ぎいただけますでしょうか。
  • お気遣いいただき誠に恐れ入ります。
  • もったいないお言葉です。恐れ入ります。

まとめ

  • 「大変ありがとうございます」「大変申し訳ございません」という意味のフレーズ
  • 目上の人に対して使う
  • なにかをお願いするとき、感謝を伝えるとき、褒められたときなどに使う
  • 硬い文書では「恐縮です」を使う
  • 自分の行動に非がある場合は「申し訳ございません」を使う

それでは、また!