結婚式ではお酌はする?しない?

生活・文化

この記事では、結婚式ではお酌をするものなのかしないものなのか説明します。結婚式のホストやゲストになったとき、知っていると困らずに済みます。

結婚式でのお酌のマナー

結婚式では、そのスタイルが和風であれ洋風であれ、会場スタッフがお酌をすることになっています。スタッフ以外がお酌をするのはマナー違反です。結婚式に招待した側(ホスト)でも、招待された側(ゲスト)でも、お酌をするために席を立ってはいけません。

結婚式でホストやゲストがお酌にまわってしまうと、式の進行に支障が出てしまいます。スタッフ側からすると、いつまでも料理に手をつけてもらえないので、次の料理を出すのが遅くなってしまいますし、新郎新婦がお酌にまわってしまうと、お色直しの時間が取りにくくなってしまいます。そうすると、結果的に式が長丁場になってホスト・ゲスト双方に負担がかかることに……。スタッフの動線の邪魔にもなってしまうので、結婚式ではむやみに動き回らないようにしましょう。

お酌は絶対にしちゃダメ?

結婚式では、前述のような理由からホストやゲストがお酌をするのはNGとされています。しかし、日本では昔自宅で結婚の宴を開くことが多く、ホストがゲストにお酌をしてもてなすのが当然だったため、その名残で現在もホストがゲストにお酌をする慣習があります。マナーの観点から言えば良くないことなのですが、「どうしてもお酌をしてもてなしたい」という場合は、新郎新婦の両親や兄弟姉妹であればお酌にまわっても問題ありません。

ただ、お酌をする場合は両家で足並みを揃えるようにしてください。新郎の両親だけ、新婦の兄弟姉妹だけ、というふうになるとゲストに違和感を抱かせてしまいます。式が始まる前にお酌について話し合い、どうするか決めておきましょう。

まとめ

  • スタッフ以外がお酌をするのはマナー違反
  • 新郎新婦の両親や兄弟姉妹はお酌をしても良いが、する場合は両家で合わせる

それでは、また!