iPhoneでSafariがPC表示に!通常の表示に戻す方法は?

iPhone

この記事では、iPhoneでSafariがPC表示になってしまった場合に通常の表示に戻す方法について説明します。スマホに最適な表示でサイトを閲覧できるようになります。

SafariがPC表示になる理由

「どこもいじってないはずなのに、いつの間にかSafariがPC表示に……!」

あなたは今、そんな状況ではないですか? SafariがPC表示になってしまうと、サイトが見にくくて見にくくて仕方ないですよね。

Safariは、サイト閲覧時にアクションボタンの中の「デスクトップ用サイトを表示」をタップすると、表示がスマホ用からPC用に切り替わる仕様となっています。現在SafariがPC表示になっているのは、おそらくアクションボタンの中のほかのボタンをタップしようとして、「デスクトップ用サイトを表示」を誤タップしてしまったからでしょう。

ちなみに、アクションボタンはSafariの下部メニューにあります。□の上に上向き矢印がついているアイコンです。

Safariのアクションボタン

この「デスクトップ用サイトを表示」を非表示にできれば意図しないPC表示への切り替えを防げるのですが、残念ながら今のところ非表示にすることはできません。ただ配置を変えることは可能なので、よく使うボタンを前方に、「デスクトップ用サイトを表示」を後方に移動することで、誤タップの可能性を低くすることはできます。ぜひ試してみてください。

SafariをPC表示からスマホ表示に戻す方法

SafariをPC表示からスマホ表示に戻すには、「設定」アプリから履歴とWebサイトデータを消去する必要があります。ただし、この操作をおこなうとサイトの閲覧履歴やCookieなどが削除されてしまいます。お気に入りなどは削除されません。問題ないようであれば、以下の手順に沿って操作してください。

  1. [設定]アプリを起動
  2. [Safari]-[履歴とWebサイトデータを消去]の順にタップ
  3. [履歴とデータを消去]をタップ

上記の操作をおこなった後、Safariを起動してみてください。PC表示からスマホ表示に戻っているはずです。

まとめ

  • Safariでサイト閲覧時、アクションボタンの中の「デスクトップ用サイトを表示」をタップするとPC表示になる
  • SafariをPC表示からスマホ表示に戻すには、「設定」アプリから履歴とWebサイトデータを消去する

それでは、また!