簡単!今すぐできるトイレの音漏れ対策

生活・文化

この記事では、簡単なトイレの音漏れ対策を紹介します。用を足すときの音漏れが気になる方向けです。

対策その1:トイレットペーパーを水溜りに浮かせる

もっとも簡単な音漏れ対策は、トイレットペーパーを水溜りに浮かせるというものです。なにも特別な道具を用意する必要がないので、お金や手間が一切かかりません。

やり方は、トイレットペーパーを巻き取り、水溜りに浮かせるだけ。トイレットペーパーの量は二つ折りくらいでOKです。完全に音漏れを防止できるわけではないので「少しの音漏れもイヤ!」という場合には向かないですが、多少は軽減されます。簡単なのでぜひ試してみてください。

対策その2:音消しアプリを使う

二つ目の対策は、音消しアプリを使うというものです。スマホがないと使えない方法ですが、トイレットペーパーを水溜りに浮かせる方法より、音をシャットダウンする効果が高いです。

iPhoneユーザーには、「WaterSound」や「EcoLady」がおすすめです。どちらも排泄中に音を鳴らすだけのアプリですが、シンプルなだけに使い勝手が良いです。

WaterSoundでは、流水音・雨の音・カエルの鳴き声・鈴虫の鳴き声の四つの中から音を選択できます。中央の蛇口のイラストをタップでスタート・ストップの切り替えができますが、センサー機能がオンになっていれば、手を画面にかざすだけでも同じことができます。

WaterSound

EcoLadyでは、流水音・せせらぎ・森林の三つの中から音を選択できます。中央の水滴のイラストをタップでスタート・ストップの切り替えができます。基本的に音は30秒で自動的に止まりますが、「エンドレス」をオンにすると手動で止めるまで鳴り続けるようになります。

EcoLady

個人的には、WaterSoundに軍配が上がります。センサー付きはめちゃくちゃ便利です。

まとめ

  • スマホがない場合や、完全に音漏れを防止できなくても良い場合は、トイレットペーパーを水溜りに浮かせる
  • スマホがある場合や、確実に音漏れを防止したい場合は、音消しアプリを使う

それでは、また!