マスクの上下と裏表の見分け方

生活・文化

この記事では、マスクの上下と裏表の見分け方について説明します。マスクには上下と裏表があり、反対に着用してしまうと効果が薄くなってしまいます。しっかり見分け方を覚えておきましょう。

マスクの上下の見分け方

マスクの上下は、三次元マスクなど立体構造になっているマスクだとわかりやすいですが、それ以外のマスクだと一見わかりにくいですよね。しかし、プリーツの向きを見たり、マスクの上下を触ってみたりすると、すぐにどちらが上でどちらが下か判別することができます。

プリーツがすべて同じ方向を向いているようなマスクの場合、プリーツの向いているほうが下になります。下の画像はプリーツが中央から上向きと下向きに分かれているマスクなのでこのケースには当たらないのですが、このようにモノが差し込めるほうが下です。

プリーツにボールペンが差し込まれているマスク

プリーツが中央から上向きと下向きに分かれているようなマスクの場合は、マスクの上下を触ってみましょう。触ってみて硬いほう、つまりワイヤーの入っているほうが上になります。下の画像のように、見た目でワイヤーの位置がわかるマスクもあります。

ワイヤーの位置が見た目でわかるマスク

マスクの裏表の見分け方

マスクの裏表についても、立体構造になっているマスク以外はわかりにくいです。しかし、 三次元マスク以外のマスクも簡単に裏表を判別する方法があります。

それは、マスクの上下を持って開くというもの。マスクを開いたとき、出っ張った面が表になります。表というのは外側のことです。

開く前のマスク 開いたマスク

「耳にかけるゴムの接着面があるほうが表」と紹介しているサイトもありますが、必ずしもそうとは限りません。メーカーによっては接着面があるほうが裏だったりするので、開いて確認したほうが確実です。

まとめ

  • プリーツの向いているほうが下、またはワイヤーの入っているほうが上
  • マスクの上下を持って開いたとき、出っ張った面が表

それでは、また!