iPhoneでのコピペのやり方

iPhone

この記事では、iPhoneでのコピペのやり方について説明します。コピペのやり方を知っていると、テキスト・URL・電話番号・メールアドレス・画像などを簡単にコピーし、任意の場所にペーストする(貼り付ける)ことができます。

コピーする方法

iPhoneでのコピーの方法は、なにをコピーするかによって異なります。ここでは、テキストをコピーする場合、「Safari」アプリでURLをコピーする場合、「連絡先」アプリで電話番号・メールアドレスをコピーする場合、「写真」アプリで画像をコピーする場合の4パターンに分けてコピーの方法を説明します。

テキストの場合

テキストをコピーする方法です。「メモ」アプリのテキストや、サイト上のテキストなどをコピーするときに使えます。

iPhoneでテキストをコピーしようとしているときの画面
  1. コピーの対象をダブルタップまたはロングタップ
  2. コピーしたい範囲を選択ハンドルで選択
  3. [コピー]をタップ

画像は、「つねねらむ」をコピーするため、そのあたりをダブルタップしたときのものです。「選択ハンドル」というのは、画像で言うと「なら」を挟んでいる黄色の丸がついた縦棒のことです。この縦棒に挟まれた部分がコピーの範囲となるので、最初の縦棒をタップしながらスライドしてコピーの開始位置を、最後の縦棒をタップしながらスライドしてコピーの終了位置を変更してください。

URLの場合

「Safari」アプリでURLをコピーする方法です。検索フィールドからコピーする方法と、アクションボタンからコピーする方法の2パターンあります。

iPhoneで「Safari」アプリの検索フィールドからURLをコピーしようとしているときの画面
  1. 検索フィールドをタップ
  2. もう一度検索フィールドをタップ
  3. [コピー]をタップ
iPhoneで「Safari」アプリのアクションボタンからURLをコピーしようとしているときの画面
  1. アクションボタンをタップ
  2. [コピー]をタップ

電話番号・メールアドレスの場合

「連絡先」アプリで電話番号・メールアドレスをコピーする方法です。

iPhoneの「連絡先」アプリからメールアドレスをコピーしようとしているときの画面
  1. 電話番号またはメールアドレスをロングタップ
  2. [コピー]をタップ

画像の場合

「写真」アプリで画像をコピーする方法です。

iPhoneの「写真」アプリから画像をコピーしようとしているときの画面
  1. コピーしたい画像を表示
  2. アクションボタンをタップ
  3. [コピー]をタップ

[コピー]をタップする前に、コピーしたい画像の右下にチェックマークがついているかどうか確認してください。ちょっと見にくいかもしれませんが、動画で言うとピンクの丸が付いている部分です。

ペーストする方法

コピーするときはコピーの対象によって手順が異なりますが、ペーストするときはなにをペーストするにせよ同じ手順になります。ペーストしたいものをコピーしている状態で、以下の操作をおこなってください。

  1. ペースト先をタップまたはロングタップ
  2. [ペースト]をタップ

まとめ

  • テキストをコピーするときは、コピーの対象をダブルタップまたはロングタップし、選択ハンドルでコピー範囲を選択した後、[コピー]をタップする
  • 「Safari」アプリでURLをコピーするときは、検索フィールドを2回タップした後に[コピー]をタップするか、アクションボタン→[コピー]の順にタップする
  • 「連絡先」アプリで電話番号・メールアドレスをコピーするときは、コピーの対象をロングタップし、[コピー]をタップする
  • 「写真」アプリで画像をコピーするときは、コピーの対象を表示させた状態でアクションボタン→[コピー]の順にタップする
  • ペーストするときは、ペースト先をタップまたはロングタップし、[ペースト]をタップする

それでは、また!