iPhoneで仕事用のアドレス帳を作る方法

ビジネス

この記事では、iPhoneで仕事用のアドレス帳を作る方法について説明します。仕事関係のメンバーを家族や友人とは別にひとまとめにしたいときに便利です。

方法その1:iCloudでグループ分けする

一つ目の方法は、iCloudでグループ分けするというものです。仕事関係とそれ以外のメンバーに分けたい場合は、二つのグループを作成し、それぞれのグループにメンバーを振り分けます。

この方法は、パソコンをお持ちの方や、新規にアプリをインストールしたくない方向けです。該当する方は、以下の手順に沿って操作してください。

STEP1:iPhoneとiCloudの連絡先を同期する

まず最初に、スマホでiPhoneとiCloudの連絡先を同期します。すでに同期が済んでいる方は、この工程を飛ばしてSTEP2へ進んでください。

  1. [設定]アプリを起動
  2. 氏名をタップ
  3. [iCloud]をタップ
  4. [連絡先]をタップしてオンにする

STEP2:グループ作成・メンバー振り分け

次に、パソコンでiCloudにログインし、グループを作成してメンバーを振り分けます。

  1. iCloudにログイン
  2. [連絡先]をクリック
  3. 左下の「+」をクリックし、[新規グループ]を選択
  4. グループ名を入力
  5. [すべての連絡先]をクリックし、新規作成したグループ名のところへ、メンバーをドラッグ&ドロップ

作成したグループを削除したいときは、対象のグループ名をクリックしてから左下の歯車アイコンをクリックし、そこから[削除]を選択します。

STEP3:メンバーをグループ単位で表示

この作業は、指定したグループのみ「連絡先」アプリに表示させたい場合におこないます。スマホでおこなう作業です。たとえば仕事関係のメンバーで構成されている「仕事用」グループがあり、このグループのメンバーのみ表示させたい場合は、下記の手順3で「仕事用」のみにチェックを付けます。

  1. [連絡先]アプリを起動
  2. [グループ]をタップ
  3. 表示したいグループにチェックを付ける
  4. [完了]をタップ

方法その2:サードパーティーアプリでグループ分けする

二つ目の方法は、サードパーティーアプリを使ってグループ分けするというものです。パソコンをお持ちでない方、新規にアプリをインストールしても問題ない方向けの方法です。

おすすめは「連絡先SS」というアプリです。このアプリには以下のような特徴があります。

「連絡先SS」アプリの特徴
  • UIが「連絡先」アプリに似ている
  • ワンタップでグループの切り替えが可能
  • グループにアイコン・カラーの設定が可能
  • 「グループなし」グループがデフォルトで作成されている

仕事関係とそれ以外のメンバーに分ける場合、iCloudを使う方法だと二つグループを作成する必要がありますが、「連絡先SS」アプリを使う方法だと、どのグループにも属さないメンバーは「グループなし」グループに属することになるので、新規に一つグループを作成するだけで済みます。たとえば「仕事用」というグループを作り、そのグループに仕事関係のメンバーを入れれば、「仕事用」グループを見れば仕事関係のメンバーを、「グループなし」グループを見ればそれ以外のメンバーを見ることができるわけです。

「連絡先SS」アプリでグループ分けする方法は、以下のとおりです。

  1. [連絡先SS]アプリを起動
  2. 連絡先へのアクセスを許可する
  3. [グループなし]の下にある「+」をタップ
  4. グループ名を入力
  5. [完了]をタップ
  6. メンバーをロングタップし、新規作成したグループのところへドラッグ&ドロップ

作成したグループを削除したいときは、対象のグループ名をロングタップし、[グループを削除]をタップします。

まとめ

  • パソコンが手元にある場合や、新規にアプリをインストールしたくない場合は、iCloudからメンバーをグループ分けする
  • パソコンが手元にない場合や、新規にアプリをインストールしても問題ない場合は、サードパーティーアプリでメンバーをグループ分けする

それでは、また!