「共同」と「協同」の違い

日本語の使い方

この記事では、「共同」と「協同」の違いについて説明します。この二つはどちらも「きょうどう」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「共同」とは

「共同」とは、「複数の人や団体が同じ立場で関わること」です。「共」という漢字には「一緒に」という意味があるので、「協力して」という意味合いより「一緒に」という意味合いのほうが強いときに使います。互いに協力の気持ちがなくても、一緒になにかをしていれば、それは「共同」になります。

たとえば、「キョウドウ研究」は「一緒におこなう研究」、「キョウドウ浴場」は「一緒に使う浴場」と言い換えられるので、「共同」を使います。「協同研究」「協同浴場」とは言いません。「共同」は、互いの協力が必須ではないのです。極端なことを言えば、互いに仲が悪くても「一緒に」なにかをしていれば「共同」していることになるのです。

「協同」とは

「協同」とは、「複数の人や団体が同じ目的のために力を合わせて物事をおこなうこと」です。「協」という漢字には「力を合わせる」という意味があるので、「一緒に」という意味合いより「協力して」という意味合いのほうが強いときに使います。互いに協力の気持ちを持ってなにかをしていれば、それは「協同」になります。

たとえば「キョウドウ組合」は「同じ目的を持った個人や事業者が集まり、互いに助け合う組織」なので、「協同」を使います。協力、つまり互いに力を合わせようとする「気持ち」がなければ「協同」とは言えないのです。「協同」は、精神的なつながりを強調する言葉なんですね。

まとめ

  • 「共同」とは、複数の人や団体が同じ立場で関わることで、「一緒に」という意味合いが強いときに使う
  • 「協同」とは、複数の人や団体が同じ目的のために力を合わせて物事をおこなうことで、「協力して」という意味合いが強いときに使う

それでは、また!