「脅迫」と「強迫」の違い

日本語の使い方

この記事では、「脅迫」と「強迫」の違いについて説明します。この二つはどちらも「きょうはく」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「脅迫」とは

「脅迫」とは、「害悪告知により相手を畏怖させること」です。「殺すぞ」「殴るぞ」「さらうぞ」「さらし者にしてやるぞ」「家を燃やすぞ」などと言い、相手に恐怖心を生じさせることを指します。「ゆすり」「恐喝」「威嚇」などと似ていますね。「脅迫」は、畏怖させた後になんらかの意思表示をさせることまでは予定していません。

「脅迫」は刑法上の概念で、本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産などに害を加えることを通告した場合、「脅迫罪」が成立します。「お前を殺すぞ」と言われた場合は脅迫罪に問えますが、「恋人を殺すぞ」と言われても脅迫罪に問うことはできません。恋人は「本人または親族」ではないからです。しかし、恋人に対する脅迫罪が成立する可能性はあります。

「強迫」とは

「強迫」には二つの意味があります。一つは「害悪告知により相手を畏怖させ、それによりなんらかの意思表示をさせること」。もう一つは「不合理だと自覚しながらその考えや行為を繰り返さずにはいられなくなること」です。他の言葉だと、「押し付け」「強要」「強制」などが近いです。

「脅迫」は刑法上の概念ですが、「強迫」は民法上の概念です。相手に恐怖を感じさせる言動や態度を示し、なんらかの行為を無理強いすると、民法における不法行為とみなされます。強迫による意思表示は取り消すことができるので、たとえば無理やり契約させられた場合、その契約は無効とすることができます。

もう一つの意味となるケースは、「強迫性障害」「強迫観念」「強迫行為」などと言う場合です。「強迫性障害」は、「強迫観念」と呼ばれるしつこく頭に浮かぶ払いのけられない考えと、「強迫観念」と呼ばれる強迫観念を打ち消すための繰り返しの行為からなる、精神的な病気です。強迫性障害には、不潔に思えて過剰に手を洗う、何度も戸締まりの確認をする、自分の決めた手順で物事をおこなわないと不安になる、といった症状があります。

まとめ

  • 「脅迫」とは、害悪告知により相手を畏怖させることで、それによりなんらかの意思表示をさせることまでは予定していない
  • 「強迫」とは、害悪告知により相手を畏怖させ、それによりなんらかの意思表示をさせること、または不合理だと自覚しながらその考えや行為を繰り返さずにはいられなくなること

それでは、また!