お辞儀をするときの角度と目線

ビジネス

この記事では、お辞儀をするときの角度と目線について説明します。お辞儀の仕方は3パターンあり、相手や状況に応じて使い分けます。

お辞儀の仕方

お辞儀は、種類によって角度と目線が違います。何度か鏡の前で練習し、それぞれのお辞儀の感覚を体に覚え込ませましょう。

会釈

会釈

出社時、退社時、人とすれ違うときなどにする軽いお辞儀を「会釈」と言います。角度は15度くらいで、目線は足元から3mくらい先です。上体を倒してから止まる時間は1秒くらいを目安にしましょう。

敬礼

敬礼

目上の人、取引先、お客様などにするお辞儀を「敬礼」と言います。角度は30度くらいで、目線は足元から2mくらい先です。上体を倒してから止まる時間は2秒くらいを目安にしましょう。

最敬礼

最敬礼

重役にするお辞儀や、感謝や謝罪のときにするお辞儀を「最敬礼」と言います。角度は45度くらいで、目線は足元から1mくらい先です。上体を倒してから止まる時間は3秒くらいを目安にしましょう。

お辞儀のポイント

お辞儀をするときは、いくつかのポイントがあります。角度や目線だけじゃなく、以下の点にも気をつけましょう。

お辞儀のポイント
  • 他のことをしながらお辞儀をしない
  • 言葉を言い終えてからおこなう
  • 男性は両手をズボンの脇に添え、女性は体の前で両手を合わせる
  • 背筋を伸ばす
  • 腰から曲げる
  • 1秒かけて倒す→一旦止まる→2秒かけて起こす

作業をしながら、歩きながらのお辞儀はNGです。喋っている途中でのお辞儀も良くありません。きちんと止まって相手のほうを向き、あいさつ・お礼・謝罪などをし終わってからお辞儀をしましょう。

手の位置は男性の場合はズボンの脇、女性の場合は体の前です。女性は左右どちらかの手の甲が上になるように両手を重ねます。猫背だと頭が下に向き過ぎてしまいますし、首だけでお辞儀するのは失礼なので、ピンと背筋を伸ばしつつ、きちんと腰から上体を折るようにしてください。起こすときは倒すときよりもゆっくりにすると、丁寧なお辞儀に見えます。

まとめ

いかがでしたか?

お辞儀には「会釈」「敬礼」「最敬礼」の三つがあります。すべてのお辞儀の仕方と、それぞれのお辞儀がどんなシーンにふさわしいのかをしっかり覚えておきましょう。タイミングや姿勢などにも気をつけると、より良いお辞儀になりますよ!