iPhoneの画面の向きを固定する方法

iPhone

この記事では、iPhoneの画面の向きを固定する方法について説明します。縦向きに固定したい方や、YouTubeの動画を見るときだけ横向きに固定したい方向けです。

縦向きに固定する方法

スマホの画面は、本体の持ち方によって縦向きになったり横向きになったりします。この自動回転機能は場合によっては便利ですが、意図しない回転で見にくくなってしまうことも……。横になりながらスマホをいじっているときなんかは勝手に横向きになってしまいますが、縦向きのほうが見やすかったりします。

そんな自動回転機能ですが、実はとても簡単な方法で無効にすることができます。コントロールセンターで画面ロック機能をオンにすると、画面が縦向きに固定されるんです。この設定をおこなうと、本体を横に持っても画面は縦向きのままで、勝手に横向きに切り替わらなくなります。画面ロック機能をオンにする手順は以下のとおりです。

iPhoneの画面ロックボタン
  1. 画面下部から上へスワイプし、コントロールセンターを表示
  2. 画面ロックボタンをタップしてオンにする

YouTubeの動画を横向きに固定する方法

スマホの画面は横向きより縦向きに固定したほうが使い勝手が良いですが、ときには横向きに固定したい場合もあります。YouTubeで動画を見るときなんかは、そう思う人が多いのではないでしょうか。動画は縦向きだと小さくて見づらいですが、横向きだと画面いっぱいに拡大されて見やすくなりますよね。

YouTubeの動画は、本体の画面ロック機能をオンにしている状態で、YouTube公式アプリの拡大ボタンをタップすれば動画が横向きに固定されます。「本体の画面ロック機能をオンにしている状態で」というのがミソで、これがオフの場合は動画を横向きにしても本体の持ち方を変えれば縦向きに戻ってしまいます。拡大ボタンは動画プレイヤー内の右下にあります。

YouTube公式アプリの拡大ボタン

横向きから縦向きに切り替えたいときは、縮小ボタンをタップします。ボタンの場所は拡大ボタンと同じで、動画プレイヤー内の右下です。

YouTube公式アプリの縮小ボタン

まとめ

  • コントロールセンターで画面ロック機能をオンにすると、画面が縦向きに固定される
  • 画面ロック機能がオンのときは、YouTube公式アプリで拡大ボタンをタップすると動画が横向きに固定される

それでは、また!