焼香の仕方と回数

生活・文化

この記事では、焼香の仕方と回数について説明します。焼香の仕方や回数は一つに統一されているわけではありません。斎場や宗派によって変わってくるので、どのケースであっても対応できるようにしておきましょう。

基本的な焼香の仕方

焼香の仕方は斎場や宗派によって異なりますが、基本的には以下のとおりです。ただし、宗派によってはおしいただかなかったり、1回目だけおしいただいて2回目はおしいただかなかったりします。回数が2~3回の宗派は、以下の手順1~3を回数分繰り返します。

  1. 右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまむ
  2. 目の高さまで持ち上げる(おしいただく)
  3. 指をこすりながら香炉の中へ抹香を落とす

斎場別の焼香の仕方

焼香には「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」の三つがあります。流れは大体同じですが、微妙に異なる部分もあるので、動画とあわせて一つずつ説明していきます。動画は、葬儀サービスを提供している小さなお葬式さんによるものです。

立礼焼香

立礼焼香は立った状態でおこなう焼香で、椅子式の斎場に多いです。

  1. 左手に数珠を持って焼香台のほうへ進む
  2. 焼香台の一歩手前で止まり、遺族に向かって一礼
  3. 一歩前へ進み、遺影に向かって合掌一礼
  4. 宗派ごとの作法で焼香
  5. 遺影に向かって合掌一礼
  6. 一歩下がり、遺族に向かって一礼
  7. 席に戻る

座礼焼香

座礼焼香は座った状態でおこなう焼香で、畳敷きの斎場に多いです。

  1. 左手に数珠を持ち、立って焼香台のほうへ進む
  2. 焼香台の一歩手前で座り、遺族に向かって一礼
  3. 立ち上がらずに膝で一歩前へ進み、遺影に向かって合掌一礼
  4. 宗派ごとの作法で焼香
  5. 遺影に向かって合掌一礼
  6. 立ち上がらずに膝で一歩下がり、遺族に向かって一礼
  7. 立ち上がって席に戻る

回し焼香

回し焼香は座った状態でおこなう焼香で、斎場が狭い場合に多いです。

  1. 軽く礼をして香炉を受け取る
  2. 香炉を自分の前に置き、遺影に向かって合掌一礼
  3. 宗派ごとの作法で焼香
  4. 遺影に向かって合掌一礼
  5. 次の人へ香炉を回す

宗派別の焼香の仕方と回数

焼香のときにおしいただくか、焼香を何回おこなうかは宗派によって異なります。おしいただく場合は最初に説明した「基本的な焼香の仕方」の手順にならい、おしいただかない場合は手順2を飛ばし、つまんだ抹香をそのまま香炉の中へ落とします。

迷うのは「相手の宗派に従うのか、自分の宗派に従うのか」というところですが、これはどちらでもかまいません。相手の宗派に従っておこなったほうが丁寧ですが、自分の信仰している宗派が別の場合、その宗派に従っておこなっても特に問題ありません。

真言宗 おしいただき、3回おこなう
日蓮宗 おしいただき、1回または3回おこなう
日蓮正宗 おしいただき、1回または3回おこなう
臨済宗 おしいただき、1回おこなう
浄土真宗(本願寺派) おしいただかず、1回おこなう
浄土真宗(大谷派) おしいただかず、2回おこなう
曹洞宗 2回おこない、1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない
浄土宗 おしいただき、1回おこなう
天台宗 おしいただき、1回または3回おこなう
創価学会 おしいただき、3回おこなう

まとめ

いかがでしたか?

家族、親族、友人、隣近所、会社関係者……。悲しいことですが、生きていると必ず誰かしらの葬式に参列することになります。いざそのときになって焦ってしまわないよう、事前に焼香の仕方と回数をしっかり覚えておきましょう。