急須でのおいしいお茶の入れ方

生活・文化

この記事では、急須でのおいしいお茶の入れ方について説明します。お茶を入れるときはいくつかのポイントがあり、そのポイントさえ押さえていれば誰でもおいしいお茶を入れることができます。

お茶の種類と特徴

お茶の入れ方の説明をする前に、まずお茶の種類と特徴について説明します。お茶にはさまざまな種類があり、種類によっておいしい入れ方が異なるのです。

一般家庭で飲むことが多いのは、煎茶・玉露・番茶・ほうじ茶など。これらはどれも緑茶の一種で、緑茶は日本茶とも言いいます。この中で一番流通量が多く、よく飲まれているのが煎茶です。お茶のランクとしては玉露がもっとも高く、次いで煎茶、番茶・ほうじ茶となっています。

煎茶は程よい渋みがあり、後味がすっきりしています。玉露は渋みが少なく、深い甘みとコクがあります。番茶・ほうじ茶はどちらも口当たりがさっぱりしていて、ほうじ茶は加えて独特の香ばしさがあります。それぞれに適したお湯の温度、茶葉の量、浸出時間は以下のとおりです。

お茶の種類 お湯の温度 茶葉の量 浸出時間
煎茶 70~90度 2g 30秒~1分
玉露 50度 3g 2分~2分30秒
番茶・ほうじ茶 100度 3g 30秒

お茶のおいしい入れ方

お茶をおいしく入れるために、特別な道具は必要ありません。基本的に必要なのは、急須、湯呑み、ティースプーンの三つです。急須は注ぎ口の根本に網が付いているタイプがベストですが、網の付いていないタイプや、取り外しできる網がはめ込まれているタイプでも、茶こしを併用すればOKです。はめ込みタイプはそのままではおいしくお茶を入れるのが難しいので、網を外して使いましょう。

手順は以下のとおりです。お湯の温度、茶葉の量、浸出時間は、上のほうにある表を参考にしてください。

  1. お湯を沸かす
  2. 湯呑みにお湯を注ぎ、お湯を適温まで下げる
  3. 急須に茶葉を入れる
  4. 適温に下げたお湯を急須に注ぎ、フタをして数秒~数分待つ
  5. 湯呑みにお茶を回し注ぎする

お湯はボコボコと気泡が出る(100度)まで沸かします。湯呑みにお湯を注ぐのは、別の容器に移すごとに約10度温度が下がるからです。たとえば70度にしたい場合、やかん→湯呑み→急須と移動させれば、100度から自然に80度まで下がります。もっと下げたい場合は、適宜湯冷ましを準備してください。茶葉はティースプーンに1杯で約2g、軽く山盛り1杯で約3gとなります。湯呑みにお茶を回し注ぎするのは、濃さを均一にするためです。3人分であれば、1→2→3→2→1……という順に、最後に注いだ湯呑みから折り返すようにして少しずつ注いでいきます。量は湯呑みの7分目くらいが丁度よいです。最後の一滴までしっかり注ぎ切りましょう。

お茶は三煎目くらいまではおいしく飲むことができます。ですので、3回注ぎ切るまで茶葉は取り替えなくてOKです。急須のフタは、1回注ぎ切るごとに少しずらしておきます。そうすることで茶葉の蒸れを防ぐことができるのです。ニ煎目は一煎目より、三煎目はニ煎目より、熱いお湯かつ短い浸出時間で注ぐようにしてください。

まとめ

  • お茶は種類によって適した茶葉の量、お湯の温度、浸出時間が異なる
  • お湯は一旦沸騰させてから適温に下げる
  • お茶を湯呑みに注ぐときは、濃さが均一になるように回し注ぎする(最後の湯呑みまで来たらそこから折り返すように注ぐ)
  • お茶の量は湯呑みの7分目を目安にする
  • 最後の一滴まで注ぎ切る
  • 三煎目くらいまではおいしく飲むことができる
  • 茶葉が蒸れないよう、注ぎ切るごとに急須のフタを少しずらす
  • ニ煎目は一煎目より、三煎目はニ煎目より、熱いお湯かつ短い浸出時間で注ぐ

それでは、また!