会社の役職の順番

ビジネス

この記事では、会社の役職の順番について説明します。役職の順番を知っていると、席次を決めるとき、名刺交換をするとき、お茶出しをするときなどに迷わずに済みます。

おもな役職の順番

役職にはさまざまなものがありますが、一般的なのは以下のような役職です。下より上のほうが、右より左のほうが偉い役職となっています。

  • 会長 > 社長 > 副社長 > 専務 > 常務 > 取締役(平取)> 執行役
  • 本部長 > 部長 > 次長 > 課長 > 係長 > 主任

一般的に、会長から執行役までを「役員」、本部長以下を「社員」と呼びます。社員のうち、本部長から係長までは「管理職」です。「役員=経営者」であり、「社員=従業員」のため、役員が会社の経営方針を定め、社員がその方針に従って労働力を提供します。

なお、日本の会社法における「役員」は、取締役・会計参与・監査役を指します。会長・社長・副社長・専務・常務・執行役などの役職にあっても、取締役・会計参与・監査役のいずれかでなければ「役員」には当たりません。「代表取締役社長」は「役員」ですが、ただの「社長」は「社員」なのです。このこともしっかり覚えておきましょう。

課長が2人、係長が3人、主任が4人など、同じ役職の人が複数いる場合もありますが、こういうときは社歴や年齢で順番を判断します。勤続年数が長いほうが偉く、勤続年数が同じであれば年上のほうが偉いです。

その他の役職の位置づけ

CEO、ゼネラルマネージャー、室長……。前述のような役職以外にも、さまざまな役職が存在します。次はその他の役職の中でもメジャーなものについて、どういった位置づけなのか説明します。会社によっては違う場合もありますが、おおよそ以下のような感じです。

  • CEO、頭取→会社のトップ(会長または社長)
  • CFO→会社のナンバー2(社長または副社長)
  • ゼネラルマネージャー、局長→部長と同等
  • チーフマネージャー→次長と同等
  • 室長→課長と係長の間

ちなみに、理事・参与・参事・主幹・主査・主事などは「能力資格名」と呼ばれるもので、「役職」とはちょっと違います。「参事2級」などと級名が付くのが一般的で、部長になれるのは参与以上、課長になれるのは参事以上などと決められています。

まとめ

いかがでしたか?

役職にはさまざまなものがあり、どういった役職があるのかは会社によって異なります。ですからすべての役職とその順番を覚えるのは正直難しいです。しかし、その人が会社でどの立ち位置にいるのかは周りの態度などからある程度察することができるので、おもに使われる役職とその順番を頭に入れておけば、それほど困ることはないでしょう。元々順番のわかっている役職については置いておき、わからない役職のみ「◯◯は□□の上で、△△の下」などと覚えると良いと思います。