浴衣が長い場合の着付けの仕方(おはしょりの仕方)

生活・文化

この記事では、浴衣が長い場合の着付けの仕方(おはしょりの仕方)について説明します。おはしょりの仕方を知っていれば、丈の長い浴衣を着ることになっても安心です。

おはしょりの仕方

丈の長い浴衣を着る場合、おはしょりをして丈を調節します。おはしょりというのは、帯の下の折り返し部分のことです。この部分は長すぎても短すぎてもかっこ悪く、着る人の人差し指1本分の長さが丁度よいと言われています。一人で着付けする場合は自身の人差し指で、他人の着付けをする場合は着付けされる人の人差し指で長さを測るようにしましょう。

以下におはしょりのポイントをまとめます。しわのとり方は動画を参考にしてください。動画は着付け教室キモノサリーさんによるものです。

おはしょりのポイント
  • くるぶしが見えるくらいの位置に裾を合わせる
  • 腰骨のあたりか、それより上の位置で腰紐を巻く
  • 余った布は腰紐を巻く位置より上に集める
  • 身八つ口(脇の穴)から両手を入れて前後のしわをとる
  • しわをとったら、左手で右の衿を、右手で左の衿を持って引き合い、布を体に沿わせる

おはしょりが長すぎる場合は、腰骨より上の位置で腰紐を巻きましょう。そうすることでおはしょりが短くなります。後ろのしわをとるときは指先を使って、前のしわをとるときは小指側の手の側面を使って、それぞれ中央から外側へ向かって布をしごきます。布を体に沿わせたら、後は通常通り衣紋を抜いたり、帯を巻いたりしてください。

腰紐はどんなものが良い?

おはしょりには腰紐が欠かせません。しかし、旅館などは腰紐が用意されていなかったりします。身長の低い方が旅館に泊まるときは、腰紐を持参したほうが良いでしょう。

腰紐には、モスリン、絹、ゴムベルトなどがあります。それぞれ一長一短ありますが、滑りにくいということでモスリンの腰紐がよく使われています。

このように製品として売られているものを購入するのも良いですが、頻繁に浴衣を着るのでなければ、身近にあるもので代用するのも手です。たとえば、パンティストッキングを足の付け根部分でカットしたものは、腰紐2本分になります。いらないパンティストッキングがあればカットして腰紐にしちゃいましょう。

パンティストッキングのカットする位置

まとめ

  • おはしょりは着る人の人差し指1本分の長さが丁度よい
  • くるぶしが見えるくらいの位置に裾を合わせる
  • 腰紐は腰骨のあたりで巻き、おはしょりを短くしたい場合はもっと上の位置で巻く
  • 余った布は腰紐を巻く位置より上に集める
  • 身八つ口から両手を入れて前後のしわをとる
  • しわをとったら、左手で右の衿を、右手で左の衿を持って引き合い、布を体に沿わせる
  • よく使われている腰紐はモスリンの腰紐
  • 腰紐は足の付け根部分をカットしたパンティストッキングで代用できる

それでは、また!