卵の割り方のコツ

生活・文化

この記事では、卵の割り方のコツについて説明します。卵を割るときによく殻が入ってしまう方や、片手ですばやく割れるようになりたい方向けです。

卵の割り方のコツ

卵を割ると、黄身や白身に殻が入ってしまうことがあります。殻は取り除こうとしても白身でつるつる滑ってなかなかスムーズに取れないので、卵は殻が入らないように割りたいものです。

卵を割るときに殻が入ってしまう原因の多くは、ひびの入れ方にあります。角に当ててひびを入れると殻が入りやすいので、ひびを入れるときは曲面に当てるようにしましょう。平面に当てるのもアリですが、経験上、平面より曲面に当ててひびを入れたほうがきれいに割れやすいです。曲面というのは、ボウル、お椀、瓶などの側面のこと。プロは卵同士をぶつけて割るそうですよ。

殻をパカっと開くときは、ひびに親指を入れて両側に開くのですが、このとき低い位置で割ると黄身が割れにくくなります。卵を溶くときは割れても問題ないですが、目玉焼きを作るときなどは黄身が割れてしまうと見た目が良くないので、フライパンの近くで割るようにしましょう。

片手での割り方のコツ

たくさんの卵を割る必要があるときは、両手で割るより片手でポンポンと割っていったほうが時短になります。でも、両手で割るのと片手で割るのとではちょっと勝手が違うので、慣れないとうまく割ることができません。

卵を片手で割るときのコツは二つあります。一つは、尖ったほうを人差し指の側面と中指の側面で挟み、尖っていないほうを親指で持つということ。卵はよく見ると上下のどちらかが微妙に尖っているので、そちらを上にして人差し指と中指の間で挟むように持ってください。

片手で卵を割るときの持ち方

もう一つのコツは、指の付け根の関節を意識して指を外側に開き殻を開くということ。しっかり卵を持ったまま、3本の指だけでグー→パーにするイメージです。割る前→割った後の指の形は、横から見ると下の動画のような感じになります。

片手で卵を割る前と割った後の横から見た手の形

まとめ

  • ひびを入れるときは角に当てず曲面に当てる
  • 殻を開くときはひびに親指を入れて両側に開く
  • 中身は低い位置から出すと黄身が割れにくい
  • 片手で割るときは、卵の尖っているほうを人差し指の側面と中指の側面で、尖っていないほうを親指で持ち、指の付け根の関節を意識して指を外側に開き殻を開く

それでは、また!