「制作」と「製作」の違い

日本語の使い方

この記事では、「制作」と「製作」の違いについて説明します。この二つはどちらも「せいさく」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「制作」とは

「制作」とは、「芸術作品を作ること」です。作るものが創作物の場合に多く使われます。「『創作』と言い換えられるか?」と考えると「制作」を使うべきかどうか判断しやすいでしょう。

音楽、絵画、写真などは、すべて作ることを「創作」と言い換えられます。そのため、音楽を作ること、絵画を描くこと、写真を撮ることなどは「制作」と言います。映画やドラマなども芸術作品ですが、こういった映像作品については、「制作」を使う場合と「製作」を使う場合があります。脚本を書いたり、カメラで撮影したりすることは「制作」ですが、資金を調達したり、宣伝をおこなったりすることは「製作」です。

「製作」とは

「製作」とは、「道具や機械などを使って物品を作ること」です。作るものが消耗品の場合や、完成させるための作業を「創作」とは言えない場合に多く使われます。「制作」には作る人の精神や思想が反映されますが、「製作」にはそういったものは反映されません。

「製作」を使うのは、おもに工業製品、精密機械、各種器具など。映画やテレビなどの映像作品のうち、資金を調達したり、宣伝をおこなったりすることは「製作」と言うと先に述べましたが、これはこういった作業が「創作」とは言えないからです。作品そのものを作り上げるための作業ではないので、資金調達や宣伝は「制作」ではなく「製作」と言うんですね。

まとめ

  • 「制作」とは、芸術作品を作ることで、作るものが創作物の場合に使うことが多い
  • 「製作」とは、道具や機械などを使って物品を作ることで、作るものが消耗品の場合や、完成させるための作業を「創作」とは言えない場合に使うことが多い

それでは、また!