「ご教示」と「ご教授」の違い

日本語の使い方

この記事では、「ご教示」と「ご教授」の違いについて説明します。この二つは同じような意味の言葉に思えますが、いったいどのように使い分けるのでしょう。

「ご教示」とは

「ご教示」とは、「知識・方法を教え示すこと」という意味の名詞「教示」に、接頭辞「ご」をつけて丁寧にしたものです。「教えてください」「教えていただきありがとうございます」といったフレーズを丁寧に言うときに使います。

「ご教示」は、教えてもらおうとしていること、または教えてもらったことが、比較的簡単な内容で、一時的に教わるもの・教わったもののときに使います。打ち合わせの日程、管理画面の使い方、情報の出典など、すぐに教えられることであれば「ご教示」になります。詳しくは後述しますが、「ご教授」は教えの内容に重さがあるときに使う言葉なので、前述のような事柄に対して使うと、少々大げさな印象になってしまいます。

「ご教授」とは

「ご教授」とは、「学問・技芸を教え授けること」という意味の名詞「教授」に、接頭辞「ご」をつけて丁寧にしたものです。「ご教示」と同様に、教えを乞うフレーズや、教えてもらったことに対する感謝を示すフレーズの中で使います。

「ご教授」は、教えてもらおうとしていること、または教えてもらったことが、専門的な内容で、継続的に教わっていくもの・教わってきたもののときに使います。心理学・考古学・ピアノ・書道など、専門的な知識・スキルを身につけるための教えであれば「ご教授」になります。「教授」は先生を表す言葉でもあるので、「先生が教えるような内容」と覚えるとわかりやすいかもしれませんね。

まとめ

  • 「ご教示」とは、知識・方法を教え示す意の「教示」を丁寧にした言い方で、教えの内容が比較的簡単なもの、一時的に教わるもの・教わったもののときに使う
  • 「ご教授」とは、学問・技芸を教え授ける意の「教授」を丁寧にした言い方で、教えの内容が専門的なもの、継続的に教わっていくもの・教わってきたもののときに使う

それでは、また!