焼き魚のきれいな食べ方

生活・文化

この記事では、焼き魚のきれいな食べ方について説明します。魚をきれいに食べる自信がなく、自宅ではともかく、人様の前ではとても食べられない、という方向けです。

尾頭付きの場合

サンマの塩焼きなど、尾頭付きの場合は以下のような手順で食べ進めます。盛り付けは、頭が左で尾が右です。

  1. 頭を押さえながら中骨の上に箸先を入れ、背中側とお腹側の身を切り離す
  2. 切れ込みから上(背中側)の身を、頭から尾へ向かって食べ進める
  3. 切れ込みから下(お腹側)の身を、頭から尾へ向かって食べ進める
  4. 頭ごと中骨をはずし、器の奥に置く
  5. 背中側の身を、頭から尾へ向かって食べ進める
  6. お腹側の身を、頭から尾へ向かって食べ進める

切り身の場合

サケのムニエルなど、切り身の魚の場合は以下のような手順で食べ進めます。皮が器の奥にくるように、左から右にいくにつれて細くなるように盛り付けます。

  1. フォークで身をおさえながら、皮と身の境目にナイフを入れ、左から右に向かって皮をはがす
  2. 皮を折りたたんで器の奥に置く
  3. フォークで中骨を押さえながら、中骨と身の境目にナイフを入れ、中骨をはずして器の奥に置く
  4. 左から右へ向かって食べ進める

開きの場合

アジの開きなど、開きの魚の場合は以下のような手順で食べ進めます。盛り付けは、頭が左で尾が右、身が上で皮が下です。

  1. 手前側の身を、頭から尾へ向かって食べ進める
  2. 頭ごと中骨をはずし、器の奥に置く
  3. 奥側の身を、頭から尾へ向かって食べ進める

フォーマルな場では懐紙を使おう

居酒屋などのカジュアルな場では必要ないですが、料亭などのフォーマルな場では「懐紙」を使うようにしましょう。懐紙とは、ティッシュやハンカチなどの代わりとして用いる、ふところに入れて携帯する紙のことです。

焼き魚を食べるとき、懐紙があればを手を汚さずに魚を押さえることができますし、身を口元に運ぶときに手の代わりとして添えることができますし、食べ終わった後の骨などを隠すことができます。素手で魚を押さえる、手のひらを添えて身を口元に運ぶ、残骸をむき出しにする、といった行為はフォーマルな場では目についてしまうので、格式ばったお店で食事をするときは、必ず懐紙を持参するようにしましょう。懐紙は、料理が焼き魚以外の場合でも使用することができます。

まとめ

いかがでしたか?

魚をきれいに食べられるようになると、自宅以外でも自信を持って魚料理を食べられるようになります。食べ方が汚い人ときれいな人とでは絶対に後者のほうが好印象ですし、魚のきれいな食べ方は覚えていて損はありませんよ!