iPhoneのお気に入りが消えたときの復元方法

iPhone

この記事では、iPhoneのお気に入りが消えたときの復元方法について説明します。ブラウザにSafariを使っている場合の復元方法です。ほとんどの場合、とても簡単な方法で復元することができます。

方法その1:Safariを再起動する

Safariのお気に入りが急に消えた場合、まずはSafariの再起動を試してみてください。手順は以下のとおりです。

  1. ホームボタンを2回連続で押し、マルチタスク画面を開く
  2. Safariのサムネイルを上にスワイプして消す
  3. [Safari]アプリを起動する

アプリは、ホームボタンを1回押して終了させただけでは、完全に終了させたことにはなりません。マルチタスク画面から完全に終了させないまま再度アプリを起動しても再起動させたことにはならないので気をつけてください。

方法その2:iPhoneを再起動する

Safariを再起動しても変わらずお気に入りが消えたままの場合は、iPhoneを再起動してからSafariをチェックしてみましょう。手順は以下のとおりです。スリープボタンは、本体の右側面か上側面にあります。

  1. スリープボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」という表示が出たら左から右にスライド
  3. 完全に電源が切れるのを待つ
  4. 再度スリープボタンを長押し

方法その3:iCloudにサインインし直す

iPhoneを再起動しても変化がない場合は、iCloudにサインインし直してからSafariをチェックしてみましょう。アプリや本体の再起動に比べてやや面倒な作業にはなりますが、これによりお気に入りが復活するケースもあります。手順は以下のとおりです。

  1. [設定]アプリを起動
  2. 氏名をタップ
  3. [サインアウト]をタップ
  4. Apple IDパスワードを入力し、[オフにする]をタップ
  5. 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」と尋ねられたら、すべての項目をタップしてオンにし、右上の[サインアウト]をタップ
  6. [サインアウト]をタップ
  7. [設定]アプリを起動
  8. [iPhoneにサインイン]をタップ
  9. Apple IDを入力し、[次へ]をタップ
  10. Apple IDパスワードを入力し、[次へ]をタップ
  11. iPhoneのパスコードを入力
  12. [結合]をタップ

方法その4:iCloudの設定でSafariをオンにする

この方法は、iCloudの設定でSafariをオフにした際、「iPhoneから削除」を選択した場合に有効な方法です。以下の手順に沿ってSafariをオンにしてください。

  1. [設定]アプリを起動
  2. 氏名をタップ
  3. [iCloud]をタップ
  4. [Safari]をタップしてオンにする

方法その5:復元ソフトを使う

最後に紹介する方法は、iOS端末向けのデータ復元用ソフト「PhoneRescue」をパソコンにインストールして使う方法です。この方法は今まで挙げた方法の中でもっとも面倒な方法ですが、バックアップの有無に関わらずiPhoneのブックマークを復元することができます。

復元の手順は、「iPhoneのブックマークが!復活させる3つの方法とは?」を参照してください。とてもわかりやすく解説されています。ソフトはPhoneRescueのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

まとめ

  • 消えた原因が不明の場合、まずはSafariやiPhoneの再起動を試し、それでもダメな場合はiCloudにサインインし直す
  • iCloudの設定でSafariをオフにした際に「iPhoneから削除」を選択した場合、Safariをオンにする
  • 以上の操作をおこなってもお気に入りが消えたままの場合、パソコンと復元ソフトを使う

それでは、また!