運動は食前・食後のどっちにおこなうのが効果的?

生活・文化

この記事では、運動は食前・食後のどっちにおこなうのが効果的なのか説明します。有酸素運動や筋トレをおこなうベストなタイミングがわかります。

有酸素運動の場合

ウォーキング・昇降運動・水泳などの有酸素運動は、その目的によってベストなタイミングが異なります。脂肪燃焼が目的の場合は食前、血糖値を下げるのが目的の場合は食後が効果的です。

食前の運動が脂肪燃焼に効果的なのは、エネルギー源として使われる糖質の量が少なくなっているからです。運動をおこなうと体内の糖質や脂肪がエネルギー源として消費されるのですが、消費の優先順位は糖質→脂肪となっているので、糖質が少ないタイミングで運動をおこなうと、脂肪の消費される順番が早く回ってくるのです。食前の運動は、体内の糖質が血中に流れ込むことで空腹感がやわらぎ、その後の食事量を自然に減らすことができるというメリットもあります。

食後の運動が血糖値を下げるのに効果的なのは、血糖値がピークを迎えるのが食後1時間後頃だからです。このタイミングで有酸素運動をおこなうことにより、血糖値の上昇を抑えることができます。

筋トレの場合

筋トレによって筋肉が増えると、脂肪が燃焼されやすくなったり、血糖値が下がりやすくなったりします。有酸素運動だけをおこなっている方は、ぜひ筋トレもあわせておこないましょう。筋トレは食後におこなうのが効果的です。

なぜ食後におこなうのが効果的なのかと言うと、食後は筋肉が分解されにくくなっているからです。食前はエネルギーが足りていない状態のため、筋肉を分解してエネルギーを作ろうとする働きが起こりやすくなっていますが、食後は十分にエネルギーがある状態のため、筋肉が分解されるといったことが起こりにくくなっているのです。

ただ、食後すぐの運動はNGです。消化不良を起こしやすいので、食後1~2時間後におこなうようにしましょう。有酸素運動も食後におこなう場合、順番的には筋トレ→有酸素運動が良いと言われています。

まとめ

  • 有酸素運動の場合、脂肪燃焼が目的のときは食前におこない、血糖値を下げるのが目的のときは食後におこなう
  • 筋トレは食後におこなう

それでは、また!