お腹の音を止める方法

生活・文化

この記事では、お腹の音を止める方法について説明します。お腹の音が鳴りやすくなる生活習慣やクセ、「鳴りそう!」というときの緊急回避策などを知りたい方向けです。

お腹の音の正体

授業中や会議中など、シーンとした中で「ぐぅ~」と大きくお腹が鳴ると、恥ずかしくていたたまれないですよね。この音は、空気が胃から腸へ移動する音か、ガスが腸の壁を動かしている音。つまり、「ぐぅ~」「ぎゅるるる」「ごろごろ」「ぽこぽこ」といった音は、空気かガスによって発生しているのです。

空気による音は、空腹時や、空気を飲み込んだときに発生します。空腹時にお腹が鳴るのは、胃の内容物が消化された後に起こる「空腹期収縮」が原因です。胃は中身が空っぽになると、食物の残りカスや胃から剥がれ落ちた細胞などのゴミを掃除し、次の食物を迎え入れる準備をします。この掃除の際に起こる強い収縮により、空気が移動して音が鳴るのです。空気を飲み込んだときにお腹が鳴るのは、げっぷとして逆流しなかった空気は、胃から腸へ向かうからです。

ガスによる音が発生するのは、消化時、トイレを我慢したとき、便秘気味のときなど。胃腸の中でガスが発生すると、そのガスによって腸の壁が動かされ、音が鳴るのです。

お腹の音を止める方法

お腹がよく鳴る方は、生活習慣やクセを直しましょう。極端に少食な方や、食事を抜くことがある方は、空腹にならないよう、しっかり食事をとることが大切です。空腹でないにも関わらずお腹が鳴るという方は、空気を飲み込んでいることや、便秘が原因かもしれません。喋りながらの飲食や早食いをしない、炭酸飲料を飲みすぎない、口を開きっぱなしにしない、お通じを良くする、といったことに気をつけましょう。

「やばい! もうすぐ鳴りそう!」というときは、飴やチョコを食べて糖質を摂取する、コップ1杯の水を飲む、背筋を伸ばす、腹式呼吸をする、といったことが効果的です。背筋を伸ばすのと腹式呼吸をするのはどこでもできることなので、食べたり飲んだりできないような場面でも有効です。緊急時にぜひ試してみてください。

お腹の音は、生活習慣やクセを直すだけでは改善しない場合もあります。それが、歯の噛み合わせが悪い場合です。噛み合わせが悪いと空気を飲み込みやすいので、お腹の音が鳴るだけでなく、咀嚼しづらいなどほかにも問題がある場合、歯科矯正や手術などで噛み合わせを直すことも考えたほうが良いかもしれません。

まとめ

  • しっかり食事をとる、喋りながらの飲食や早食いをしない、炭酸飲料を飲み過ぎない、口を開きっぱなしにしない、お通じを良くする、といったことに気をつける
  • 鳴りそうなときは、飴やチョコを食べて糖質を摂取したり、コップ1杯の水を飲んだり、背筋を伸ばしたり、腹式呼吸をしたりする
  • 生活習慣やクセだけでなく、歯の噛み合わせの悪さが原因となっている場合もある

それでは、また!