iPhoneのバックアップが終わらないときの対処法

iPhone

この記事では、iPhoneのバックアップが終わらないときの対処法について説明します。iCloudでのバックアップが遅くて困っている方や、iTunesでのバックアップが遅くて困っている方向けです。

iCloudでのバックアップが遅い場合

iPhoneのバックアップ方法は2通りあります。その一つが、iCloudでのバックアップ。iCloudでのバックアップが遅い場合、まずは以下の点を確認してみてください。

  • ルーターから離れすぎていないか?
  • ルーターとの間に障害物はないか?
  • 多くの端末が接続されているWi-Fiを使っていないか?
  • 多くのアプリをバックグラウンドで起動させていないか?

iCloudでのバックアップはWi-Fi経由でおこなうので、多くの場合はWi-Fiに問題があります。ルーターから離れすぎていたり、ルーターとの間に障害物があったり、多くの端末が接続されているWi-Fi(公衆のWi-Fiなど)を使っていたりすると、電波が弱かったり通信速度が遅かったりして、バックアップがなかなか終わりません。

特にWi-Fiに問題がない場合は、バックグラウンドで多くのアプリを起動させていることが原因かもしれません。その場合は、マルチタスク画面からアプリを完全に終了させましょう。ホームボタンを2回連続で押すとマルチタスク画面が表示されるので、そこに表示されているアプリのサムネイルを上へスワイプして消してください。そうすることでアプリを完全に終了させることができます。

iTunesでのバックアップ方法

原因がWi-Fiでも多くのアプリをバックグラウンドで起動させていることでもない場合は、もう一つのバックアップ方法である、iTunesでのバックアップを試しましょう。パソコンがあり、iTunesをインストールしている、もしくはインストールできる環境にある場合、以下の手順に沿ってバックアップしてみてください。

  1. パソコンでiTunesを起動
  2. パソコンとiPhoneをUSBケーブルまたはWi-Fiでつなぐ
  3. iTunesのiPhoneマークをクリック
  4. 「バックアップ」の項目で「このコンピューター」を選択
  5. [今すぐバックアップ]をクリック
USBケーブルというのは、iPhoneの充電時などに使う付属のケーブルのことです。

手順3でいう「iPhoneのマーク」は、iTunesのメニューバーの下に表示されます。

iTunesを起動したときの画面

iPhoneのマークをクリックすると、メイン画面のほうに「バックアップ」という項目が出ているはずです。そこで「このコンピューター」を選択してください。バックアップを暗号化する場合は「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、暗号化用のパスワードを設定します。あとは[今すぐバックアップ]ボタンをクリックするだけです。

iTunesでiPhoneマークをクリックしたときの画面

iTunesでのバックアップが遅い場合

多くの場合、「バックアップが終わらない」という状況に陥るのは、iCloudでバックアップをした場合です。しかし、iTunesでバックアップをした場合も同じ状況に陥ることがあります。それが、USBケーブルが断線している場合です。ケーブルが断線していると、接触不良によりなかなかバックアップが終わりません。何年も同じケーブルを使用している場合は特にその可能性が高いので、買い替えを検討しましょう。

iCloudでのバックアップ方法

特にケーブルに問題がない場合は、iTunesではなく、iCloudでバックアップしてみてください。iCloudでのバックアップ手順は以下のとおりです。

  1. [設定]アプリを起動
  2. 氏名をタップ
  3. [iCloud]-[iCloudバックアップ]の順にタップ
  4. [今すぐバックアップを作成]をタップ

この方法でうまくいかない場合は、「iCloudでのバックアップが遅い場合」のチェック項目を確認してみてください。

まとめ

  • iCloudでのバックアップが遅い場合は、ルーターから離れすぎていないか、ルーターとの間に障害物はないか、多くの端末が接続されているWi-Fiを使っていないか、多くのアプリをバックグラウンドで起動させていないかなどを確認し、特に問題がないにも関わらず遅い場合は、USBケーブルでパソコンとiPhoneをつなぎ、iTunesでのバックアップを試みる
  • iTunesでのバックアップが遅い場合は、USBケーブルが断線していないかを確認し、特に問題がないにも関わらず遅い場合は、iPhoneの「設定」アプリからiCloudでのバックアップを試みる

それでは、また!