「シャチハタ」と「印鑑」の違い

生活・文化

この記事では、「シャチハタ」と「印鑑」の違いについて説明します。この二つはどちらも似たようなものに思えますが、いったいどのような違いがあるのでしょう。

シャチハタとは

シャチハタとは、本体内部にインクが入っているインク浸透印の代名詞です。シャチハタがインク浸透印の代名詞なのは、シヤチハタ株式会社がインク浸透印の最大手だからでしょう。ちなみに、シヤチハタ株式会社によるインク浸透印の正式な商品名は「Xスタンパー」です。

シャチハタは朱肉が必要ない分、手軽に押印することができます。しかし、使用できるシーンは限られていて、実印や銀行印としては使えない場合が多いです。理由としては、印面がゴムでできていて年月が経つと印影が変わること、年月の経過でインクが薄くなること、同じ印面のものが多く出回っていることなどがあげられます。シャチハタは、認印や訂正印として使うことがほとんどです。ただし、実印や銀行印が求められる書類ではシャチハタを訂正印として使うことはできません。回覧物の確認や宅配便の受け取りなどであれば、問題なくシャチハタを使うことができます。

印鑑とは

印鑑とは、ハンコが所有者のものであるかの真偽を照合するときに使う、あらかじめ官庁・公署・取引先などに届け出ておく印影です。現在では「ハンコ(印章)」と同様、「押す道具」という意味合いで使われていますが、正しくは「押した跡」という意味になります。とは言え、「印鑑」の説明に「ハンコ」と載せている辞書もあるくらいですから、「印鑑=ハンコ」と思っていても困ることはあまりないでしょう。

印鑑は、実印・銀行印・認印・訂正印など、さまざまな印として使用可能です。シャチハタを実印や銀行印として使うことはできませんが、印鑑であれば実印や銀行印としても使うことができます。役所に提出する書類を作成する場合、銀行口座を開設する場合などはほぼ印鑑が必要となるので、ハンコはシャチハタ一つだけだとなにかと不便です。持っていない方は早目に作っておきましょう。

まとめ

  • シャチハタとは、本体内部にインクが入っているインク浸透印の代名詞で、認印や訂正印としては使えるが、実印や銀行印としては使えない場合が多い
  • 印鑑とは、ハンコが所有者のものであるかの真偽を照合するときに使う、あらかじめ官庁・公署・取引先などに届け出ておく印影で、実印・銀行印・認印・訂正印など、さまざまな印として使える

それでは、また!