「寝る」と「眠る」の違い

日本語の使い方

この記事では、「寝る」と「眠る」の違いについて説明します。この二つは同じような意味の言葉に思えますが、いったいどのように使い分けるのでしょう。

「寝る」とは

「寝る」とは、「眠る」「体を横たえる」という意味になります。必ずしも眠った状態になることを表わすわけではないという点と、体を横たえて眠ることを表わすという点で「眠る」と違いがあります。対義語が「覚める」「横になっていたものが立つ」という意味の「起きる」なので、逆の意味を考えたときに「起きる」がふさわしければ「寝る」を使う、という使い分け方をしても良いでしょう。

たとえば、横になって本を読むことは「寝ながら本を読む」、横になって眠ることは「寝る」と言います。前者は眠った状態にあるわけではないので、「寝ながら」を「眠りながら」に置き換えることはできません。後者は「眠る」でも意味が通じますが、姿勢が「横になって」ということなので、体を横たえて眠ることを表わす「寝る」のほうがよりふさわしい言葉となります。

「眠る」とは

「眠る」とは、「眠った状態になる」という意味になります。眠った状態であれば姿勢は関係ないので、必ずしも横になって眠ることを意味するわけではありません。対義語が「眠った状態が終わる」という意味の「覚める」なので、逆の意味を考えたときに「覚める」がふさわしければ「眠る」を使う、という使い分け方をしても良いでしょう。

たとえば、座ったまま眠ることや、立ったまま眠ることは、「寝る」ではなく「眠る」と言います。「眠る」は眠った状態を指す言葉で、そのときどんな姿勢であるかは関係ないからです。座っていようと立っていようと、心身の活動が休止して無意識の状態になることには違いないので「眠る」を使うんですね。ちなみに、横になって眠る場合は「寝る」のほうが適切ではありますが、「眠る」でも間違いではありません。

まとめ

  • 「寝る」とは、眠ることや体を横たえることで、必ずしも眠った状態になることを表わすわけではなく、眠った状態になることを表わす場合は横になった姿勢のときに使う
  • 「眠る」とは、眠った状態になることで、眠った状態であれば姿勢は関係ない

それでは、また!