牛肉の部位の名前と特徴

生活・文化

この記事では、牛肉の部位の名前と特徴について説明します。どの部位がどんな名前で、それぞれ肉質にどういった特徴があるのか、といったことがわかります。

牛肉の部位の名前と特徴

牛肉の各部位の説明図
名前 部位 特徴
ネック 硬め。脂肪が少なく、筋が多い。
硬め。脂肪が少なく、筋が多い。
肩ロース 背肉のもっとも頭に近い部分 柔らかめ。ほどよく脂肪がのっていて、やや筋が多い。
リブロース 背肉の中でもっとも厚みのある部分 柔らかめ。脂肪が多い。
サーロイン 背肉のもっともお尻に近い部分 柔らかめ。筋が少ない。
ヒレ サーロインと腎臓の間 柔らかめ。脂肪・筋がほとんどない。
バラ 肋骨の周辺 硬め。脂肪が多い。
モモ 太もも 内側は柔らかめ、外側は硬め。どちらも脂肪が少ない。
ランプ 腰からお尻にかけての部分 柔らかめ。脂肪が少ない。
スネ ふくらはぎ 硬め。脂肪がほとんどなく、筋が多い。

ちなみに、高級肉と言われている「シャトーブリアン」は、ヒレの中央部分のことを言います。他の部位は一頭から1キロ以上とれますが、シャトーブリアンは600グラム程度しかとれません。それゆえ、「希少部位」と言われています。肩の一部の「トンビ」、肩ロースの一部の「ザブトン」、肩甲骨の内側の「ミスジ」、お尻の先の「イチボ」なども、とれる量の少ない希少部位です。

牛肉の選び方と食べ方

牛肉は、見た目である程度おいしさを見分けることができます。ポイントは、「赤身の色」「脂の色とツヤ」「赤身と脂の境目」「肉全体のきめとしまり」です。牛肉を選ぶときは、以下の点に着目してみてください。

おいしい牛肉の特徴
  • 赤身が鮮やかな赤色
  • 脂が白色または乳白色でツヤがある
  • 赤身と脂の境目がはっきりしている
  • きめが細かく、しまりが良い

牛肉を使った料理にはさまざまなものがありますが、牛肉は部位によって適した調理法が異なります。以下にどの部位がどの料理に適しているのかまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • すき焼き:肩ロース、リブロース、サーロイン、バラ、内モモ
  • しゃぶしゃぶ:肩ロース、リブロース、サーロイン
  • 焼き肉:肩ロース、バラ
  • ローストビーフ:リブロース、ヒレ、内モモ、外モモ、ランプ
  • ステーキ:リブロース、サーロイン、ヒレ、内モモ、ランプ
  • 煮込み料理:ネック、肩、バラ、内モモ、外モモ、スネ

まとめ

いかがでしたか?

牛は豚や鶏と比べて食べられる部分が多いため、さまざまな名前で売られています。その分、名前と特徴を覚えづらいですが、頭に入れておけば作りたい料理や好みの食感に合わせて牛肉を選べるようになります。お肉をおいしくいただくためにも、ぜひ覚えておきましょう。