「体」と「身体」の違い

日本語の使い方

この記事では、「体」と「身体」の違いについて説明します。この二つはどちらも「からだ」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「体」とは

「体」とは、「生物全般の頭・胴・手足などの肉体」です。人以外の生物にも使えるという点や、物質としての体に重点を置く場合に使うという点で、「身体」と違いがあります。後者は、「体」の語源が「殻(から)」に接尾語「だ」が付いた語で、古くは魂を宿さない肉体をそう呼んだことに起因すると考えられます。元が「殻だ」なら、精神を含めない、単なる物としての体に重点を置く場合に使うのもうなずけますよね。

「体」は、「人の体」「昆虫の体」「動物の体」「体を横たえる」「がっしりした体」といった使い方をします。「体」を「からだ」と読むことは常用漢字表でも示されているので、「体」は公文書でも「からだ」という読みで用いられます。詳しくは後述しますが、この辺も「身体」と違う点になります。

「身体」とは

「身体」とは、「人の体」です。人以外には使えないという点や、精神を含んだ体を指すときに使うという点で、「体」と違いがあります。後者は、古くは魂を宿した肉体を「身(み)」と呼んだことに起因すると考えられます。

たとえば、「人の身体」とは言っても「昆虫の身体」「動物の身体」とは言いません。「体を壊す」「身体を壊す」はどちらも健康を損なうことですが、後者は精神的にまいっているというニュアンスになります。ただ、「身体」を「からだ」と読むことは常用漢字表で示されていないので、「身体」は公文書では「からだ」ではなく「しんたい」という読みで用いられます。とは言え、「しんたい」と読む場合も意味は変わりません。

まとめ

  • 「体」とは、生物全般の頭・胴・手足などの肉体で、人以外の生物にも使え、物質としての体に重点を置く場合に使う
  • 「身体」とは、人の体で、人以外の生物には使えず、精神を含んだ体を指すときに使う

それでは、また!