戒名のお金がない!戒名なしだとどうなる?

生活・文化

この記事では、戒名のお金がない方に向けて、戒名を付けないとどうなるのか説明します。戒名なしでもできることや、戒名なしだとできないことなどがわかります。

戒名とは

「戒名」とは、仏教徒になった証としてもらう名前で、位碑などに記されるものです。それに対し、生前に名乗っていた本名を「俗名」と言います。戒名は自分で付けることも可能ですが、基本的にはお坊さんに依頼して付けてもらいます。

お坊さんに戒名をつけてもらう場合、お寺から「戒名料」が要求されます。戒名料は戒名のランクによって異なり、ランクの低いものは10万円から、ランクの高いものは100万円からが相場となっています。低いものでも10万円以上かかるのが一般的なので、「こんなに高いお金を払ってまでつける必要があるのか?」と疑問に感じている人は少なくありません。

戒名の有無による違い

戒名を付けない場合、気になるのが「葬式をおこなえるのか」ということと、「お寺に納骨できるのか」ということ。この二点について、戒名の有無による違いを表にまとめてみました。

戒名 葬式 お寺への納骨
あり
なし ほぼ不可

まず、葬式は戒名があってもなくてもおこなうことができます。ただ、戒名を付けないと読経をあげてもらえない場合があるので、その場合は選択できる葬式の形が限られてきます。仏教の葬式には読経が必須だからです。火葬のみをおこなう直葬や、宗教にとらわれない無宗教葬であれば読経なしでも問題ないですが、一般的な葬式をあげたい場合で、そのために戒名が必要なときは、お坊さんに戒名を付けてもらわなければいけません。

お寺への納骨は、戒名なしだと断られるケースがほとんどです。お寺に納骨したい場合で、そのために戒名が必要なときは、お坊さんに戒名を付けてもらいましょう。公営や民間の霊園に納骨するのであれば、戒名は特に必要ありません。

戒名は自分で付けることもできますが、自分で付けた戒名と、お坊さんに付けてもらった戒名を等しいものとして扱ってもらえるかは別の話です。戒名があってもそれが自分で付けたものであれば、読経をあげてもらえないかもしれませんし、お寺に納骨させてもらえないかもしれません。どちらかと言うと、読経もお寺への納骨もNGなケースが多いです。戒名を付けるのであれば、お坊さんにお願いしたほうが良いでしょう。

まとめ

  • 葬式は戒名なしでもおこなうことができる
  • お寺への納骨は戒名なしだと断られるケースが多い
  • 戒名は自分で付けることもできるが、その場合は読経やお寺への納骨を断られるケースが多い

それでは、また!