「怖い」と「恐い」の違い

日本語の使い方

この記事では、「怖い」と「恐い」の違いについて説明します。この二つはどちらも「こわい」と読みますが、いったいどのような違いがあるのでしょう。

「怖い」と「恐い」の違い

「怖い」と「恐い」は、まったく同じ意味で用いられます。どちらも「悪い結果が予想できて不安である」「不思議な能力がありそうで不気味である」といった意味を持つ言葉です。そのため、「地震がコワい」「おばけがコワい」「先生がコワい」「賭け事がコワい」「習慣はコワい」などは、すべて「怖」を使っても「恐」を使っても間違いではありません。

ただ、「怖」と「恐」はどちらも常用漢字表にある漢字ですが、同表では「こわい」にあてられる漢字は「怖」のみとされています。そのため、公文書で「こわい」を漢字で書くときは「怖」を用いることになっています。どちらの漢字を使うかで迷うことが多い場合は、「『恐い』は使わず『怖い』を使う」とルール化しておくと良いでしょう。

「怖い・恐い」と「恐ろしい」の違い

「怖い・恐い」と「恐ろしい」はどちらも似たような意味の言葉ですが、「怖い・恐い」は主観的な恐怖感を表わすときに使い、「恐ろしい」は客観的にこわさを評価するときに使います。地震・雷・火事などの災害、毒をもつ虫、獰猛な動物などに対し、自分が恐怖を感じたことを表わすときは「怖い・恐い」、第三者視点で対象のこわさを評価するときは「恐ろしい」と言います。

また、「恐ろしい」には「程度がはなはだしい」という意味もあります。驚くほどすぐれているの意で「恐ろしく頭の回転が速い」と言ったり、驚きあきれるほどであるの意で「恐ろしく寒い」と言ったりします。

このように、「怖い・恐い」と「恐ろしい」は微妙にニュアンスに違いがあります。「おそろしい」の漢字には「恐」があてられているので、「怖い・恐い」と「恐ろしい」を混同してしまわないためにも、「こわい」は「怖い」と書いたほうが良いかもしれません

まとめ

  • 「怖い」と「恐い」はどちらも同じ意味で、悪い結果が予想できて不安である、不思議な能力がありそうで不気味であるという意味で使う
  • 公文書で「こわい」を漢字で書くときは「怖」を用いる
  • 「怖い・恐い」と「恐ろしい」は似た意味を持つが、微妙にニュアンスに違いがあるため、二つを混同しないためにも、「こわい」は「怖い」と書いたほうが良いかもしれない

それでは、また!