30日以下の月と31日までの月の覚え方

生活・文化

この記事では、30日以下の月と31日までの月の覚え方について説明します。その月が30日以下か31日までかは、簡単な語呂合わせで覚えられます。

小の月を覚えよう

30日以下の月と31日までの月を覚えるとき、「1月は◯日までで、2月は◯日までで……」と、1~12月まで一つずつ覚えていく必要はありません。小の月(30日以下の月)を覚えればおのずとほかは大の月(31日までの月)となるので、小の月だけしっかり覚えましょう。

小の月は、2・4・6・9・11月の5か月です。「ニシムクサムライ(西向く侍)、ショウノツキ(小の月)」と語呂合わせで覚えましょう。2→ニ、4→シ、6→ム、9→ク、11→サムライです。この語呂合わせに出てこない1・3・5・7・8・10・12月の7か月は31日まである大の月となります。

11月が「サムライ」なのはなんで?

「ニシムクサムライ、ショウノツキ」という語呂合わせで30日以下の月を覚える方法を紹介しましたが、「なんで11月がサムライなの?」と疑問に思った方もいるでしょう。実際、私も子どもの頃にこの語呂合わせを母から教わったときは「11月とサムライって全然関係ないじゃん」と思ったものです。あなたはなぜだと思いますか?

これは、侍=武士であり、武士の「士」を分解すると「十」と「一」で「十一」になるからです。言われてみると、「なるほどね」と納得できますよね。ちなみに、「士」も「侍」と同じく「サムライ」と読みます。

2月の日数は年によって変わる

「ニシムクサムライ、ショウノツキ」で小の月が何月かは覚えられますが、2月の日数は覚えられません。2月は年によって28日までだったり29日までだったりするからです。

その年の2月の日数は、その年がうるう年でなければ28日、うるう年であれば29日となります。うるう年の計算方法は別の記事で説明しているので、興味のある方はご覧ください。

うるう年の計算方法

2018.03.11

まとめ

  • 30日以下の月は2・4・6・9・11月、31日までの月は1・3・5・7・8・10・12月
  • 「ニシムクサムライ(西向く侍)、ショウノツキ(小の月)」の語呂合わせで小の月(30日以下の月)を覚えれば、残りが大の月(31日までの月)とわかる
  • 11月が「サムライ」なのは、侍を表す「士」が「十」と「一」でできているから
  • 2月の日数は語呂合わせでは覚えられない

それでは、また!