通夜の受付係のやり方

生活・文化

この記事では、通夜の受付係のやり方について説明します。受付係の役割や仕事の進め方、受付係をする上での注意事項などがわかります。

受付係の役割

受付係には、おもに以下のような役割があります。初めて受付係を依頼され、どんなことをしたらいいのかわからない方は、こういう役目が割り振られていることを知っておきましょう。

  • 弔問客から香典を受け取って預かる
  • 弔問客に記帳してもらう
  • 弔問客に返礼品を渡す
  • 弔問客を案内する
  • 弔問客の荷物を預る
  • 預かった香典を会計係に渡す

香典の受け取り、記帳のお願い、返礼品の受け渡し、会計係への香典の受け渡しの四つが基本です。案内と荷物の預かりは都度ですが、荷物の預かりは斎場にクロークがある場合に限ります。その場合も、携行品係を別に決めているのであれば受付係の役割には含まれません。

受付係の仕事の進め方

基本の仕事

  1. 弔問客がお悔やみの言葉を述べたら「本日はお忙しい中お越しいただきましてありがとうございます」と挨拶
  2. 香典を渡されたら「お預かりいたします」と言い、両手で受け取り、一礼
  3. 「恐れ入りますが、こちらにお名前とご住所をご記入ください」と声がけし、芳名帳に記入してもらう
  4. 記帳が終わったら「ありがとうございます。こちらをお持ちください」と言い、返礼品を渡す
  5. 弔問客が目の前を立ち去ったら、香典袋に芳名帳の記入欄と同じ番号を振り、会計係に香典を渡す

香典袋に芳名帳の記入欄と同じ番号を振るのは、後で香典袋と芳名帳を照らし合わせて記載漏れがないかチェックするためです。会計係は受付の後方で作業しているので、弔問客が目の前を立ち去ったらサッと手渡しましょう。

その他の仕事

式の開始時刻や、遺族の控室、トイレ、駐車場の場所などを尋ねられた場合は、「開式は◯時からとなっております」「◯◯はあちらです」などと言って案内しましょう。荷物の預かりを頼まれた場合は、返却時の引換券となる番号札を渡し、クロークで保管を。貴重品はトラブルを避けるためにも預からないほうが良いでしょう。

受付係をする上での注意事項

受付係を担当する場合、以下のようなことに気をつけましょう。

  • 喪服を着用する
  • 式の開始1時間前には会場へ到着するようにする
  • 遺族側としてふるまう

受付係と言えど、平服で来ていいわけではないので、遺族や弔問客と同じように喪服を着用します。また、式の流れや斎場のレイアウトの把握、芳名帳・筆記用具・香典受け・返礼品などが揃っているかの確認、芳名帳の各行に番号を振る作業(後で香典袋と芳名帳を照らし合わせて記載漏れがないかチェックするため)、荷物預かり用の番号札の準備などがあるので、式が始まる1時間前には到着しておく必要があります。そして、遺族側であるという意識を持って弔問客に対応することも大切です。他の弔問客とは異なる立場にあるので、態度や言葉遣いには十分注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

通夜の受付係は意外にすることが多いですし、弔問客を遺族側として最初に迎える重要な係です。遺族・弔問客双方に失礼のないよう、事前の準備と心構えをしっかりした上で望んでください。初めてで不安な場合は、会場のスタッフや受付係の経験がある人にわからないことを尋ねてみると良いでしょう。