喪服がない場合の対処法

生活・文化

この記事では、喪服がない場合の対処法について説明します。平服で参列する場合はどういう服装をすればいいのか、どうすれば喪服をすぐに用意することができるのか、といったことがわかります。

平服で参列する場合

一般参列者の場合、喪服がなければ通夜は平服で参列しても問題ありません。ただし、遺族の場合や、一般参列者でも告別式のときは喪服を着用しなければいけないので気をつけましょう。

平服で参列する場合、男性・女性・子どもの服装は、それぞれ以下のようになっています。できるだけ派手な柄や飾りのない、シンプルなデザインのものを選びましょう。

男性 女性
  • 黒・紺・グレーのダークスーツ・リクルートスーツなど
  • 白のシャツ
  • 黒のネクタイ
  • 黒の靴下
  • 黒の靴
  • 黒・紺・グレーのダークスーツ・リクルートスーツ・アンサンブル・ワンピースなど
  • 黒のブラウス
  • 黒のストッキング
  • 黒の靴
幼児~高校生 乳児
  • 黒・紺・グレーのジャケット・アンサンブル・ワンピースなど
  • 白のシャツ・ブラウス
  • 黒の靴下・ストッキング
  • 黒の靴

※制服がある場合は制服

  • 落ち着いた色(黒・白・グレー・ベージュ・薄水色など)の服
  • 黒の靴下
  • 黒の靴

喪服で参列する場合

遺族や告別式に参列する一般参列者は、式までに喪服を用意する必要があります。喪服を短時間で用意する方法には、おもに以下のようなものがあります。

  • スタイルの近い知人から借りる
  • 葬儀社・貸衣装屋・ネットショップなどで借りる
  • デパート・紳士服量販店・ネットショップなどで購入する

まずはスタイルの近い知人に借りれるか聞いてみましょう。無理であれば、レンタルサービスを利用するか、実店舗やネットショップで購入するかのどちらかになります。ネットでレンタル・購入する場合は、式までに確実に配達されるかどうかしっかり確認した上で注文するようにしましょう。

レンタル料は、葬儀社や貸衣装屋だと1万~2万円、ネットだと4,000~8,000円が相場です。知人から借りた場合も、クリーニングに出してから菓子折りなどと一緒に返すのが礼儀なので、いくらかお金がかかります。購入する場合は、安くても2万円前後、高いと8万以上と値が張ります。レンタル・購入のどちらを選択するかは自由ですが、喪服は必要となる機会が何度もあるので、その都度借りるより自分用のものを一着持っておいたほうが経済的です。

まとめ

いかがでしたか?

喪服がない場合、一般参列者は通夜に限り平服で参列することができます。その場合、黒・紺・グレーを基調とした服が基本となりますが、乳児の場合はあまり気にする必要はなく、落ち着いた色の服であればよしとされています。喪服で参列する場合は、レンタルするか購入するかのどちらかになりますが、今後のことも考えるとこの機会に購入しておいたほうが良いでしょう。