「才」と「歳」の違い

日本語の使い方

この記事では、「才」と「歳」の違いについて説明します。この二つはどちらも「さい」と読みますが、いったいどのような違いがあるのでしょう。

「才」とは

「才」は年齢の単位として用いられる漢字ですが、年齢に関係する意味を持つわけではありません。「生まれつき備わっている能力」の意で「才能」「秀才」「文才」といった熟語に使われたり、「学問」の意で「和魂漢才」という熟語に使われたりする漢字です。

「才」は「歳」の代替漢字であり、「才」を年齢の単位として用いるのは「歳」という漢字を習うまでの間です。「才」は教育漢字に含まれており、小学二年生と早い段階で習いますが、「歳」は教育漢字に含まれていないため、小学校では習いません。中学校で習う漢字のため、それまで年齢は「才」で数えることになっています。「才」が年齢の単位の代替漢字とされている理由は定かではありませんが、「歳」と同じく「さい」と読むこと、尺貫法の容積、木材の体積、石材や船の積み荷の体積、じゅうたんなどの織物の大きさの単位として用いられていることなどが関係していると考えられます。

とは言え「『歳』を習うまではすべての『歳』を『才』と書く」というわけではありません。「歳月」は「才月」とは書きませんし、「歳末」も「才末」とは書きません。「歳」を「才」と書くのは、年齢の単位として用いる場合に限ることを覚えておきましょう。

「歳」とは

「歳」という漢字には「年」という意味があり、年齢の単位として用いられます。ほかにもいろいろな意味を持ち、「時間」の意で「歳月」、「木星」の意で「歳星」、「作物の実り」の意で「凶歳」という熟語に使われたりしています。

年齢の単位には「才」も用いますが、「才」は「歳」を習うまでの代替漢字です。そのため、「歳」という漢字を習ってからは「歳」を年齢の単位として用いることになります。同様に「齢」という漢字も、習うまでは「令」で代替します。

「歳」は「年」とほぼ同義のため、年齢の単位に「歳」が、年数の単位に「年」が専用される以外は混用されることが多いです。たとえば、「一年の終わり」の意である熟語に「年末」と「歳末」が存在するのはそのためです。

まとめ

  • 「才」とは、「歳」という漢字を習うまでの間に年齢の単位として用いるもの
  • 「歳」とは、「歳」という漢字を習ってから年齢の単位として用いるもの

それでは、また!