揚げ物をするときの油の温度の測り方

生活・文化

この記事では、揚げ物をするときの油の温度の測り方について説明します。揚げ物のレシピには「180度の油で◯分揚げる」というように油の温度が書かれていたりしますが、その温度はどうやって測れば良いのでしょうか。

揚げ物をするときの油の適温

揚げ物をするとき、油の温度は食材や目的によって変える必要があります。火の通りにくい食材は「低温」でじっくり、火の通りやすい食材や二度揚げのときは「高温」でサッと揚げましょう。その他の場合は「中温」で揚げます。

低温
(150~160度)
いも・かぼちゃなどのデンプンが多い食材、分厚い食材
中温
(170~180度)
コロッケ・天ぷら・唐揚げ・とんかつなどの揚げ物全般
高温
(190~200度)
エビ・豆腐・なすなどの水分を多く含む食材、二度揚げのとき

鶏の唐揚げなどは、低温で肉の中心部分までしっかり火を通してから高温で再び揚げると食感が良くなります。低温で揚げただけでは取り出した後に肉からしみ出た水分を衣が吸うためベチャッとした食感になってしまいますが、高温で二度揚げすると衣の水分が飛ぶためカリッとした食感になります。

油の温度の測り方

油の温度は料理用の温度計を使えば正確に測ることができます。しかし、大体の温度であれば以下のような方法でも測ることが可能です。

  • 菜箸を油に浸ける
  • 衣を油に少量落とす
  • パン粉を油に少量落とす

菜箸を油に浸ける場合は、一度濡らしてからしっかり水分を拭き取ってください。生パン粉ではなく乾燥パン粉を使う場合は、少し湿らせてから油に落としましょう。

菜箸を使って測る場合

低温
(150~160度)
箸先から細かい泡が静かに出る
中温
(170~180度)
箸全体から細かい泡が絶え間なく上がる
高温
(190~200度)
箸全体から大きめの泡が勢いよく上がる

衣を使って測る場合

低温
(150~160度)
鍋底まで沈んでからゆっくり浮き上がる
中温
(170~180度)
中ほどまで沈んでからすぐに浮き上がる
高温
(190~200度)
軽く沈んでからすぐに浮き上がって色づく

パン粉を使って測る場合

低温
(150~160度)
ゆっくり広がる
中温
(170~180度)
全体にゆっくり広がる
高温
(190~200度)
弾けるように全体に勢いよく広がる

まとめ

  • 揚げ物をするときの油の温度は基本的には中温だが、火の通りにくい食材は低温、火の通りやすい食材や二度揚げのときは高温が適している
  • 油の温度は、料理用温度計や菜箸・衣・パン粉などで低温・中温・高温を測ることができる

それでは、また!