「直す」と「治す」の違い

日本語の使い方

この記事では、「直す」と「治す」の違いについて説明します。この二つはどちらも「なおす」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「直す」とは

「直す」とは、「元の状態または望ましい状態にする」「置き換える」という意味を持つ動詞です。対象が良くない状態にあるもののときや、ある形式を他の形式に変えることを表すときに使います。ただし、「良くない状態」に「病気」や「けが」は含まれません。「修理する」「正す」「変換する」などへの置き換えが可能なので、これらの言葉に置き換えても違和感がない場合は「直す」を使うようにしましょう。

具体的には、「機械を直す」「誤植を直す」「仮名を漢字に直す」のように使います。一つ目から順に、「修理する」「正す」「変換する」に置き換えることができます。人の「クセ」「性格」「機嫌」なども「直す」と言います。

「治す」とは

「治す」とは、「元の健康な状態に戻す」という意味を持つ動詞です。対象が病気やけがのときに使い、「治療する」への置き換えが可能です。使うシーンが限定的なので、「なおす」の漢字表記で迷ったときは、まず「『治療する』に置き換えても意味が通じるか?」を考えると良いでしょう。通じる場合は「治す」、そうでない場合は「直す」です。

具体的には、「風邪を治す」「歯並びを治す」「やけどを治す」のように使います。すべて「治す」を「治療する」に置き換えても意味が通じます。人の「クセ」「性格」「機嫌」などは「治す」ではなく「直す」と言いますが、これはこれらが病気やけがではなく、治療するようなものではないからです。

まとめ

  • 「直す」とは、元の状態または望ましい状態にする、置き換える意で、「修理する」「正す」「変換する」などへの置き換えが可能
  • 「治す」とは、元の健康な状態に戻す意で、「治療する」への置き換えが可能

それでは、また!