葬式の服装《子どもの場合》

生活・文化

この記事では、子どもの場合の葬式の服装について説明します。通夜・告別式に子どもを連れて行く際、どんな服装をさせれば良いのかがわかります。

葬式の服装

通夜・告別式へは喪服で参列するのが基本ですが、子どもの場合はフォーマルかつ地味であれば平服でも問題ありません。子ども用の喪服も売られてはいますが、すぐに体が大きくなって着られなくなってしまうので、わざわざ購入しなくても良いでしょう。以下にコーディネイト例を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

幼児~高校生 乳児
  • 黒・紺・グレーのジャケット・アンサンブル・ワンピースなど
  • 白のシャツ・ブラウス
  • 黒の靴下・ストッキング
  • 黒の靴

※制服がある場合は制服

  • 落ち着いた色(黒・白・グレー・ベージュ・薄水色など)の服
  • 黒の靴下
  • 黒の靴

制服がある場合は制服が正装となるので、園指定・学校指定の制服がある場合はそれを着せてあげてください。たとえ赤や青などの派手な色が使われていたとしても、マナー違反にはなりません。

弔事に柄や飾りのあるものは好ましくないので、キャラクターものやリボンの髪飾りなどは避けるようにしてください。できるだけシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

小さな子どもを連れて行く場合の注意点

乳児~小学校低学年の小さな子どもは、式の最中にぐずることがあります。連れて行く場合は、ぐずったときすぐに中座できるよう、出入り口付近の席に座るようにしましょう。特に乳児の場合は突然泣き出したりするので、サッと抜けられる席にいないと周りに迷惑がかかってしまいます。

このように小さな子どもはぐずることがあるので、ごく近い身内(祖父母・伯叔父母など)の式以外には連れて行かないほうが無難です。その場合は、自分か家族の誰かが自宅に残って子どもを見るか、知人に子どもを預けて見てもらうようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

子どもは基本的には喪服は着ず、フォーマルかつ地味な平服で参列します。幼児~高校生は、制服があれば制服を着用させましょう。ただ、小さな子どもはぐずってしまうことがあるので、近い身内でない限り式には連れて行かないほうが良いでしょう。連れて行く場合は、中座しやすい出入り口付近の席を確保してください。