「生む」と「産む」の違い

日本語の使い方

この記事では、「生む」と「産む」の違いについて説明します。この二つはどちらも「うむ」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「生む」とは

「生む」とは、「新しく作り出す」という意味の動詞です。「名作を生む」「新記録を生む」「疑惑を生む」のように、「それまでになかったものを誕生・発生させる」というニュアンスで使います。「出産する」というニュアンスで使う場合は「産む」が適切です。

胎児や卵を「うむ」と言う場合、この「うむ」は「出産する」というニュアンスになるので、「生む」ではなく「産む」と書きます。ただし、「うまれる」と言う場合は、「誕生・発生」に注目するか「出産」に注目するかで「生」を当てるか「産」を当てるかが変わってきます。「北海道にうまれる」「噂がうまれる」は、それぞれ「誕生・発生」に注目するので「生まれる」と書きますが、「卵からひよこがうまれる」は「出産」に注目するので「産まれる」と書きます。

母親に対して「うんでくれてありがとう」と感謝を伝える場合も、「生」を当てる場合と「産」を当てる場合の2パターンあります。「この世に誕生させてくれて」という意味合いで言うのであれば「生んでくれて」と書きますし、「お腹を痛めて出産してくれて」という意味合いで言うのであれば「産んでくれて」と書きます。

「産む」とは

「産む」とは、「胎児や卵を母体から外に出す」という意味の動詞です。「双子を産む」「子犬を産む」「卵を産む」のように、「出産する」というニュアンスで使います。「それまでになかったものを誕生・発生させる」というニュアンスで使う場合は「生む」が適切です。

ただし、「産む」のが「卵」であっても、それが比喩的な表現であれば「生む」を用います。「医者になるための修行中の人」と言う意味での「医者の卵」を「うむ大学」は、「生む大学」と書きます。大学は「母体となって医者の卵を出産する」場所ではなく、「医者の卵を新しく作り出す」場所だからです。

先にも述べましたが、「うまれる」という表現になる場合は、「誕生・発生」に注目するか「出産」に注目するかで「生」を当てるか「産」を当てるかが変わってきます。「5月に子どもがうまれる予定だ」は、「出産」に注目するので「産まれる」と書きます。「うまれない」という表現になっても考え方は変わらないので、「予定日が来てもなかなかうまれない」も、「出産」に注目して「産まれない」と書きます。

まとめ

  • 「生む」とは、新しく作り出す意で、「それまでになかったものを誕生・発生させる」というニュアンスで使う
  • 「産む」とは、胎児や卵を母体から外に出す意で、「出産する」というニュアンスで使う

それでは、また!