iPhoneの明るさが勝手に変わる!原因と直し方は?

iPhone

この記事では、iPhoneの明るさが勝手に変わる場合の原因と直し方について説明します。画面の明るさを常に一定にしたい方はぜひご覧ください。

iPhoneの明るさが勝手に変わる原因

iPhoneの明るさが勝手に変わるのは、「明るさの自動調節機能」がオンになっていることが原因です。

この機能は、モニターへの光の当たり具合いに応じて明るさを自動調節するというもの。

オンになっていると、暗い場所では暗く、明るい場所では明るくなります。

周辺とモニターの明暗差を小さくすることで目が疲れにくくなるという利点があるのですが「急に明るさが変わると見づらい!」と不満を感じている人も少なくありません。

この機能はデフォルトでオンになっているので、iPhoneを購入してから一度も設定をいじっていない場合は、オンになっている状態です。

ただ、オフにした場合もiOS11へのアップデートによって自動的にオンになることがあるようで、「iOS11にしてから明るさが勝手に変わるようになった」という報告も多数上がっています。

明るさを常に一定にしたい方は、後述する手順で「明るさの自動調節機能」をオフにしてください。

iPhoneの明るさを常に一定にする方法

iPhoneの明るさを常に一定にするには、「設定」アプリから「ディスプレイ調整」画面を開き、「明るさの自動調節」のスイッチをタップしてオフにします。

手順は以下のとおりです。

iPhoneの「設定」アプリの「ディスプレイ調整」画面
  1. [設定]アプリを起動
  2. [一般]-[アクセシビリティ]-[ディスプレイ]-[ディスプレイ調整]の順にタップ
  3. 「明るさの自動調節」のスイッチをタップしてオンにする

まとめ

  • 「明るさの自動調節機能」がオンだと、周辺の明るさに変化があったときに画面の明るさが変わることがある
  • 「設定」アプリから「ディスプレイ調整」画面を開き、「明るさの自動調節」のスイッチをタップしてオフにすると、明るさが常に一定になる

それでは、また!