シャンプーを泡立てるコツ

その他

この記事では、シャンプーを泡立てるコツについて説明します。シャンプーがうまく泡立たず、1回のシャンプーの使用量が多くなってしまっている方は必見です。

シャンプーを泡立てるコツ

シャンプーは、髪につける前にしっかり泡立てることが大切です。その方法には、「手」を使う方法と「泡立てネット」を使う方法の2パターンあります。

手を使う場合

手を使って泡立てる場合、以下の三つがコツとなります。

  • 手洗いしてからシャンプーを手にとる
  • 濡らした手に適量のシャンプーをとる
  • 空気を含ませるようにして素早くシャンプーをこする

手が汚れているとうまく泡立たないので、シャンプーを手にとる前に必ず石けんやボディーソープで手洗いをしてください。その後は、濡らした手にシャンプーをとり、空気を含ませるようにして素早くこすります。ゆっくりだと泡立ちづらいので、可能な限りスピーディーに。そうすると、30秒~1分ほどで泡立ちます。

泡立てネットを使う場合

手でうまく泡立てられない場合は、市販の泡立てネットを利用しましょう。濡らしたネットに適量のシャンプーをとり、端を持って空気を含ませるように揉み込んでください。簡単にモコモコ泡を作ることができますよ!

シャンプーの適量は、ショートで半プッシュ、ボブで1プッシュ、ミディアムで2プッシュ、ロングで3プッシュです。

シャンプーを泡立てから使うメリット

シャンプーを泡立ててから使うのには、以下のようなメリットがあります。

  • 髪・頭皮への摩擦ダメージが減る
  • すすぎ残しが減る
  • 泡立てる際に水分を加えることでシャンプーの洗浄力を調節できる

シャンプーを原液のまま髪につけると、髪・頭皮が摩擦によるダメージを受けたり、すすぎのときにシャンプーが残りやすくなったりします。洗浄力が強いシャンプーの場合は、髪・頭皮にとって強すぎる刺激となってしまうことも。あらかじめ泡立てておけばこのような心配はなくなるので、「シャンプーは泡立ててから使ったほうが良い」と言われています。

まとめ

  • 手を使う場合は、まず最初に手洗いをし、それから濡らした手に適量のシャンプーをとって、空気を含ませるようにして素早くこする。
  • 泡立てネットを使う場合は、濡らしたネットに適量のシャンプーをとり、端を持って空気を含ませるように揉み込む。

それでは、また!