フライパンの洗い方

生活・文化

この記事では、フライパンの洗い方について説明します。フライパンは間違った洗い方をしているとすぐにダメになってしまいます。長持ちさせるためにも、正しい洗い方を覚えましょう。

鉄製のフライパンの場合

チャーハンを作るときやステーキを焼くときなどに活躍する「鉄製」のフライパンは、以下の点に気をつけて洗ってください。

  • 熱いうちに汚れを軽く拭き取る・こそぐ
  • 食器用洗剤は使わない
  • 熱いうちに水で洗うか冷めてからお湯で洗う
  • 洗い終わったら空焚きしてしっかり水気を飛ばす

食器用洗剤を使わないのは、フライパンに馴染んだ油が洗い流されるのを防ぐため。鉄製のフライパンは使うほど油が馴染んで焦げ付きにくくなるのですが、洗剤で使ってしまうとその油が洗い流されて焦げ付きやすくなってしまうのです。洗剤は使わず、水かお湯で洗うようにしましょう。

鉄製のフライパンは素材(鉄)がむき出しのため、水気を拭き取るだけではさびてしまうことがあります。空焚きするとしっかり水気を飛ばすことができるので、このひと手間を忘れないようにしましょう。フッ素樹脂加工のフライパンと違い、空焚きしても有毒ガスは発生しないので安心してください。

フッ素樹脂加工のフライパンの場合

表面に加工がほどこされており、「テフロン加工」「ダイヤモンドコート加工」「マーブルコート加工」などとも呼ばれる「フッ素樹脂加工」のフライパンは、以下の点に気をつけて洗ってください。

  • 熱いうちに汚れを軽く拭き取る・こそぐ
  • 冷めてから食器用洗剤とお湯で洗う
  • 固いもので表面をこすらない
  • 洗ったら水気をよく拭き取る

先にある程度汚れを落としてから、食器用洗剤とお湯で洗います。こうすることで、洗剤の量やこするときの力を最小限に抑えることができます。急激な温度変化に弱いので、熱いうちに冷たい水で洗うのは避けてください。

汚れを拭き取るときはキッチンペーパー、こそぐときはスクレーパー、洗うときはスポンジのやわらかい面、というように、固いもので表面をこすらないようにすることも大切です。表面の加工を傷つけるので、金属製のヘラ、タワシ、スポンジのかたい面などでこすらないようにましょう。

鉄製のフライパンは最後に空焚きして水気を飛ばしますが、フッ素樹脂加工のフライパンは空焚きNGです。有毒ガスが発生するおそれがあるので、水気は拭き取るだけにとどめてください。

ステンレス製のフライパンの場合

色がシルバーでおしゃれな印象の「ステンレス製」のフライパンは、以下の点に気をつけて洗ってください。

  • 熱いうちに汚れを軽く拭き取る・こそぐ
  • 熱いうちに水で洗うか冷めてからお湯で洗う
  • 食器用洗剤は使わない
  • 洗ったら水気をよく拭き取る

ステンレス製のフライパンは、鉄製のフライパンの洗い方とほぼ同じです。ただし、鉄製のものと違ってさびにくいので、洗い終わった後の空焚きは不要です。

セラミック加工のフライパンの場合

真っ白で見た目がキレイな「セラミック加工」のフライパンは、以下の点に気をつけて洗ってください。

  • 熱いうちに汚れを軽く拭き取る・こそぐ
  • 冷めてから食器用洗剤とお湯で洗う
  • 固いもので表面をこすらない
  • 洗ったら水気をよく拭き取る

セラミック加工のフライパンは、フッ素樹脂加工のフライパンの洗い方と同じです。フッ素樹脂加工のものと同様に表面加工がほどこされているので、固いものでこすってその加工を傷つけてしまわないよう、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、フライパンの洗い方についての説明でした。フライパンは種類によって洗い方が異なる場合があるので、「どれでも一緒でしょ」と安易に同じ方法で洗わないよう気をつけましょう。間違った洗い方はフライパンの寿命を縮めます。