タオルドライの正しいやり方

その他

この記事では、タオルドライの正しいやり方について説明します。タオルドライを正しくおこなう上でのポイントがわかります。

タオルドライの正しいやり方

濡れた髪をタオルで拭き、半乾きの状態にする「タオルドライ」。ドライヤーで乾かす前にタオルドライを挟むことで、健康な髪を維持することができます。

ただし、タオルドライは間違ったやり方でおこなうと髪や頭皮に大きなダメージを与えることに。自己流でおこなっている方は、以下のポイントを押さえながら実践してみてください。

お風呂から上がったらなるべく早くおこなう

濡れた状態の髪は非常にデリケートです。お風呂から上がったらなるべく早くタオルドライをおこなうようにしてください。着替え終わってすぐくらいが良いでしょう。

吸水性の高いタオルを使う

新品のタオルや、体を拭いた後の濡れたタオルなどは、吸水性が悪く水分をしっかり拭き取ることができません。洗濯済みのタオルを体用とは別に用意し、それを使うようにしてください。素材はマイクロファイバーが吸水性が高いのでおすすめです。

頭皮と髪の根元→髪の中間~毛先の順にやさしく水分を拭き取る

タオルで拭くときは、頭皮と髪の根元→髪の中間~毛先の順です。まずは頭全体をタオルで包み込み、指の腹でやさしく「モミモミ」とマッサージしたり、「トントン」とタッピングしたりします。その後、タオルで髪の束を挟み込み、やさしく「パンパン」と叩いて水分をタオルに移します。クシを通しても水滴が落ちなくなるまで続けましょう。

最大のポイントは、「やさしく」水分を拭き取ることです。間違っても「ガシガシ」と乱暴に拭いたり、「ギュ~~ッ」と雑巾を絞るように拭いたりしないよう、気をつけてください。

タオルドライのメリット

タオルドライには、「髪の傷みを軽減できる」というメリットがあります。これには、髪の表面を覆っている「キューティクル」の性質が関係しています。

キューティクルには、「高温と湿気に弱い」という性質があります。キューティクルは普段は閉じており、外的刺激から髪内部を守ったり、髪内部の水分やタンパク質などが失われるのを防いだりしているのですが、濡れたり熱が加わったりすると開いてしまいます。そうすると、外部からの刺激に耐えられなくなって切れ毛・枝毛が増えたり、髪の健康に必要な成分が失われてパサついたりしてしまいます。タオルドライをおこなえば、濡れている時間とドライヤーを使う時間を短縮することができ、キューティクルが開いている時間を最小限にとどめることができます。

もう一つ、キューティクルには「摩擦に弱い」という性質もあります。髪を乱暴に拭いたり、雑巾を絞るように拭いたりしてはいけないのは、キューティクルにダメージを与えるからです。摩擦はキューティクルだけでなく頭皮にとっても良くないので、強い力で拭かないようにくれぐれも注意しましょう。

まとめ

  • お風呂から上がったらなるべく早くおこなう
  • 吸水性の高いタオルを使う
  • 頭皮と髪の根元→髪の中間~毛先の順にやさしく水分を拭き取る

それでは、また!