「戦う」と「闘う」の違い

日本語の使い方

この記事では、「戦う」と「闘う」の違いについて説明します。この二つはどちらも「たたかう」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「戦う」とは

「戦う」とは、「勝ち負けや優劣を競う」という意味の動詞です。武器・頭脳・技芸・力などを使う物理的な争いに用います。ただし、肉体や精神に苦しみを与えるものとの争いには用いません。

具体的には、「隣国と戦う」「選挙で戦う」「優勝をかけて戦う」のように用います。隣国と戦うときはおもに武器を、選挙で戦うときはおもに頭脳を、優勝をかけて戦うとき(スポーツの試合など)はおもに技芸や力を使うので、ここでの「たたかう」は「戦う」と書くことになります。

「闘う」とは

「闘う」とは、「苦難を乗り越えようとする」という意味の動詞です。見えないものとの精神的な争いに用いる場合があるという特徴があります。「自分のほうが秀でている」ということを証明するための争いには用いません。

具体的には、「労使が闘う」「病魔と闘う」「寒さと闘う」のように用います。「労使(労働者と使用者)」はどちらも見えるものなので、一見「戦う」のほうが適しているように思えますが、労使の争いは、「労働者が使用者に『働く上でのトラブルの解決』を求める争い=苦しい状況を改善しようとする争い」と言えるので、「闘う」を用います。「闘う」の相手は見えないものとは限らないことを覚えておきましょう。

まとめ

  • 「戦う」とは、勝ち負けや優劣を競う意で、武器・頭脳・技芸・力などを使う物理的な争いに用いる。
  • 「闘う」とは、苦難を乗り越えようとする意で、見えないものとの精神的な争いに用いる場合がある。

それでは、また!