靴が大きいときの対処法

生活・文化

この記事では、靴が大きいときの対処法を紹介します。大きい靴を買ってしまった方や、痩せて足がサイズダウンしてしまった方は、ぜひ参考にしてみてください。

大きい靴を履くことの弊害

靴は小さすぎても良くないですが、大きすぎても良くありません。大きい靴を履くと、靴と足の間に隙間が生じます。隙間があると、足を上げたときに靴が脱げそうになったり、足が動いて靴と擦れたり、足が横に広がったりするので、以下のような弊害が生じてしまいます。

  • 不自然な歩き方になる
  • 足が痛くなる
  • 足が変形する

特に怖いのが、足の変形です。足が横に広がって足の横アーチが崩れる「開帳足」の状態になると、外反母趾になる可能性が高まります。外反母趾患者のほとんどが開帳足だと言われているので、「ちょっとくらい大きくても問題ないでしょ」と軽く見てはいけません。

靴が大きいときの対処法

大きい靴を履く場合、詰め物・インソール・フットカバー・シューズトラップなどを使って足との隙間を調整します。ただ、靴の種類によっては使えないアイテムもあるので、靴の種類に応じて対処法を変えるようにしましょう。

詰め物をする

なにかやわらかいものをつま先側やかかと側に詰める方法です。できれば専用のクッションを使用したほうが良いですが、ティッシュや使い古したストッキングなどでも問題ありません。ただし、長時間の歩行には不向きです。

インソールを入れる

インソール、いわゆる「中敷き」を靴底に入れる方法です。いろいろな厚みのものがありますし、足裏全体のものだけでなく、「つま先用」や「かかと用」など、部分的なものもあります。

フットカバーを履く

ストッキング・タイツ・素足などの上にフットカバーを履く方法です。浅履きのものと深履きのものがあるので、靴のデザインに合わせて選びましょう。足裏の汗を吸収してくれるので、むれやニオイの防止にもなります。

シューズバンドを付ける

シューズバンドで足と靴を固定する方法です。使える靴は限られてきますが、外から見える場所に付けるので、靴の色やデザインに合わせて選ぶ楽しみがあります。あまり目立たせたくない場合は、透明タイプのものを。

まとめ

  • 詰め物をする
  • インソールを入れる
  • フットカバーを履く
  • シューズバンドを付ける

それでは、また!