「温かい」と「暖かい」の違い

日本語の使い方

この記事では、「温かい」と「暖かい」の違いについて説明します。この二つはどちらも「あたたかい」と読み、意味も似ています。では、いったいこれらはどのようにして使い分けるのでしょう。

「温かい」とは

「温かい」とは、「冷たくもなく熱くもなく程よい状態である」「愛情や思いやりがある」という意味の形容詞です。対義語が「冷たい」なので、「あたたかくない=冷たい」と言える場合は「温かい」が適していることになります。

具体例を出して言うと、「あたたかい料理」「あたたかい人柄」「あたたかい眼差し」などの「あたたかい」に用います。「あたたかい料理」は、「冷たくもなく熱くもなく程よい状態である」ということを、「あたたかい人柄」「あたたかい眼差し」は、「愛情や思いやりがある」ということを表しているからです。対義語を考えたとき「冷たい」がしっくりくることからも、「温かい」が適していることがわかります。

「暖かい」とは

「暖かい」とは、「寒くもなく暑くもなく程よい気温である」「金銭が十分にある」「色感がやわらかく、冷たい感じがない」という意味の形容詞です。対義語が「寒い」なので、「あたたかくない=寒い」と言える場合は「暖かい」が適していることになります。

具体例を出して言うと、「あたたかい部屋」「懐があたたかい」「あたたかい色」などの「あたたかい」に用います。「あたたかい部屋」は、「寒くもなく暑くもなく程よい気温である」ということを、「懐があたたかい」は、「金銭が十分にある」ということを、「あたたかい色」は、「色感がやわらかく、冷たい感じがない」ということを表しているからです。対義語を考えたとき「寒い」がしっくりくることからも、「暖かい」が適していることがわかります。

まとめ

  • 温かい:冷たくもなく熱くもなく程よい状態である。愛情や思いやりがある。対義語は「冷たい」。
  • 暖かい:寒くもなく暑くもなく程よい気温である。金銭が十分にある。色感がやわらかく、冷たい感じがない。対義語は「寒い」。

それでは、また!