カーディガンのたたみ方

その他

この記事では、カーディガンのたたみ方について説明します。一般的なデザインと変形デザインのカーディガンのたたみ方がわかります。

一般的なデザインの場合

一般的なデザインの場合は、以下のようにたたみます。

一般的なデザインのカーディガンのたたみ方
  1. 前身ごろを表にして平置きする※ボタンは留めない
  2. 両袖を内側に折りたたむ
  3. 左右の身ごろを脇が中央に来るように折りたたむ
  4. 裾が上に来るように折りたたむ

ロング丈の場合は、手順4で三つ折りにしてください。なお、写真のカーディガンはボタン付きのものですが、ボタンなしの場合も同様のたたみ方でOKです。

変形デザインの場合

変形デザインのカーディガン

上の画像のような上下がわかりづらい変形デザインのカーディガンは、以下のようにたたみます。一見難しそうに見えますが、コツさえつかめばとても簡単にたたむことができます。

変形デザインのカーディガンのたたみ方
  1. 後ろ見ごろを表にして縫い目を合わせて平置きする
  2. 両袖を内側に折りたたむ
  3. 左右の見ごろを脇が中央にくるように折りたたむ
  4. 縦に二つ折りにする
  5. 裾が上に来るように折りたたむ

縫い目を合わせて平置きしたら、あとは全体が四角になるように折りたたんでいくだけです。簡単ですよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、カーディガンのたたみ方についての説明でした。カーディガンはかけ方にもよりますが、ハンガーにかけておいておくと型崩れしやすいです。できれば今回紹介したようなたたみ方で、収納ケースにしまっておきましょう。