眉の色の選び方

その他

この記事では、眉の色の選び方について説明します。眉はその人の印象を大きく左右する重要なパーツ。形だけでなく、色にもこだわってメイクをしましょう。

眉の色の選び方

「眉の色は髪の色に合わせると良い」とよく言われていますが、こう言われると「髪の色とまったく同じにすれば良いの? それとも暗く? 明るく?」と悩んでしまいますよね。ベストなのは「髪の色よりワントーン明るい色」なので、髪の色と揃えている方や、髪の色より暗めの色にしている方は、今日から色を変えてみてください。髪の色よりワントーン明るい色であれば、眉だけ不自然に目立つこともありません。

ただし、髪の色と瞳の色の差が激しい場合は、「髪の色と瞳の色の中間色」が望ましいです。髪色よりワントーン明るくすると瞳が浮いてしまうような場合は、髪の色と瞳の色の中間色で眉メイクをしましょう。

眉メイクにはアイブロウ製品を使うのが基本ですが、アイシャドウを使っても問題ありません。欲しい色がない場合はアイブロウ製品にこだわらず、アイシャドウからも探してみてください。

眉メイクの仕方

眉メイクは、アイブロウペンシルで毛を描き足してから、眉マスカラで地眉に色を乗せる、という工程で進めるのが一般的です。こうすると自然で落ちにくい眉に仕上がりになります。落ちるのが心配な方は、さらに上からアイブロウコートを塗ると良いでしょう。

うまくメイクするコツは、事前に軽くフェイスパウダーやパウダーファンデーションをのせて、眉をサラサラな状態にしておくこと。ベタついていると滑って描きにくかったり、描いたあとでよれたりするので、眉メイクに失敗しがちな方や眉メイクがよれやすい方は、ぜひ試してみてください。

なお、眉はメイクの前にある程度整えておく必要があります。整え方がわからない方は、以下の記事を参考に整えてから眉メイクをしてみてください。

眉毛の整え方《女性の場合》

2018.04.22

まとめ

  • 眉の色は、髪の色よりワントーン明るい色にする。
  • 髪の色と瞳の色の差が激しい場合は、双方の中間色にする。

それでは、また!